スポンサーリンク

暑さは2019年いつまで続く?おすすめの熱中症や夏バテ対策は

2019年の梅雨は冷夏でした。

そんな梅雨が関東でも明け、7月下旬になると本領発揮となりそうです。

 

そこで気になるのは、暑さがいつまで続くのか。

そして、おすすめの夏バテや熱中症対策。

 

今回は、

暑さは2019年いつまで続く?おすすめの熱中症や夏バテ対策は

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

2019年の夏について

2019年も、もうすぐ8月です。

勢力を弱めていた夏の太平洋高気圧が、本州付近に張り出してくるとのこと。

 

 

2019年7月30日現在、気温32度。

 

熱中症指数も危険であり、

各地で熱中症による搬送や亡くなった方もいるというニュースがありました。

 

とうとう夏本番、という空気にましたね。

 

九州から関東を中心に日差しが照りつける日が増えるでしょう。

8月にかけて、平年同様に暑い日が多くなる見込みです。

 

夏前半は過ごしやすいものの、やはり夏は暑いもの。

夏バテや熱中症に注意が必要です。

 

参考:tenki.jp

 

 

 

 

いつまで暑さ続く?

そんな夏ですが、いつまで暑さが続くか。

 

いつまで暑さが続くのか、きになる情報をみてみましょう。

 

 

まず、気温についてですが、

昨年のような猛暑にはならないと予想されます。

 

 

気象庁から発表された3カ月予報の平均気温では、

 

7月は北日本で平年並みか低い、東・西日本はほぼ平年並み

8月は北・東・西日本でほぼ平年並み

9月は平年並みか高い

 

と予想されています。

 

エルニーニョ現象発生期間中の夏ですが、

極端な冷夏の予想ではありません。

 

 

東京の平年気温をみてみると、9月は22~26度。

2019年9月は平年並みかやや高めとのことなので、

25度前後ではないでしょうか。

 

 

2019年10月になると、関東の平均気温は20度以下になるため

涼しさを感じる日がでてきそうです。

 

夏の暑さも落ち着き、秋への一歩が近づきます。

 

参考:東洋経済オンライン・weather.time-j.net

 

 

 

 

おすすめの夏バテ対策は?

そして気になる、おすすめの夏バテ対策。

簡単に実施できるものばかりを紹介します。

 

 

のどが渇く前にこまめな水分補給

喉が渇いたと思ったときにはすでに脱水が始まっているので、

少ない量でもこまめに水分を摂るようにするのが良いそう。


汗をかいて水分が失われやすい外出(外歩き)や就寝の前は、

コップ1杯程度の水分を補給しましょう。

 

 

経口補水液の活用

大量の汗をかいて塩分も多く失うときは、

真水ではなく適度な塩分と糖分を含み

吸収率にも優れた経口補水液やスポーツドリンクを活用します。

 


家庭で手作りする場合には、

0.1〜0.2%程度の食塩水(1ℓの水に塩小さじ1/4位)を作り、

レモンの絞り汁などで好みの味付けをします。

 

※アルコールは脱水作用があるため、水分補給には適しません。

※炭酸飲料などの飲みすぎは糖分の摂りすぎにつながるため注意が必要です。

 

 

しっかりと寝て休む

自失神経を整えるためには、しっかりと寝て休むことも大切です。

 

最近は酷暑により夜間熱中症になる方もいるそうです。

寝る前に水分補給をし、クーラーや扇風機を使い、

快適な睡眠環境にしましょう。

 

 

少し汗をかく軽い運動

ヒトは発汗で温度調節をしているため、

汗をかく能力を高めることも「夏バテ」の予防につながります。

 

軽く汗ばむウォーキングや軽いジョギングなどを15〜20分ほど行うと、

汗腺が開いて汗をかきやすくなるとのこと。

 

汗をたくさんかいたときは、水分補給をしっかりと行いましょう。

また、

真夏の炎天下で運動するのは熱中症のリスクが高く大変危険です。

そして、

炎天下でなくても気温や湿度によって熱中症リスクは上がります。

 

 

気温が低く、日差しも弱めの早朝や夕方以降に行ったり、

スポーツジムなどの屋内施設を利用しましょう。

 

 

熱中症対策は?

次に熱中症対策を紹介します。

夏バテ対策と似ているので、簡潔に書きますね。

 

 

暑さに負けない体つくり

・水分をこまめにとる

・塩分をほどよく取る(持病のある方は医師に相談を)

・睡眠環境を快適に保つ

・丈夫な体をつくる

 

 

暑さに対する工夫

・気温と湿度をいつも気にする

・室内を涼しくする

・衣服を工夫する

・日ざしをよける

・冷却グッズを身に着ける

 

 

身を守る対策

・飲み物を持ち歩く

・休憩をこまめにとる

・熱中症指数を気にする

 

 

とはいえ、この暑さ。

気を付けていても熱中症になったり、その疑いがある場合もあります。

熱中症かも?と思ったら、自己判断せずに病院に行きましょう。

 

 

 

 

まとめ

暑さは2019年いつまで続く?おすすめの熱中症や夏バテ対策は

をテーマにお送りしました。

 

これから夏本番。

2019年は冷夏だったため、まだ暑さに体が慣れていない状態。

 

熱中症対策や夏バテ対策をしっかりとして、夏を乗り切りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました