スポンサーリンク

自転車保険の加入義務化とは?対象県はどこ?努力義務との違いは?

いよいよ東京都でも

自転車保険の加入義務化が進んできました。

早ければ2020年には施行されるとのこと。

 

という訳で今回は

自転車保険の加入義務化とは?対象県はどこ?努力義務との違いは?

というテーマでお送りします。

スポンサーリンク

自転車保険の加入義務化とは?

東京都内に限らず、自転車による事故が近年増加傾向にあります。

ちなみに東京都では、2019年9月の都議会定例会に

「自転車保険の加入義務化」に対する改正案を提出。

 

そもそも「自動車保険の加入義務化」とは何なのでしょうか?

自転車も車と一緒で人身事故を起こす頻度がかなり高いです。

近年はロードバイクなどかなりスピードがでるものも

歩道を凄い勢いで走ってたりしますし。

相手が大人でなく老人や子供でそれと衝突したり・・・!?

と考えると何が起きるか分かりません。

 

打ちどころによっては生死すら簡単に左右してしまうのが

自転車事故でもあります。

 

そんな自転車で!事故を起こした際に、

賠償金がうん百万円どころかうん千万円になる場合だってあります。

 

そりゃそうですよね。

場合によっては働き手の若い世代が一生働けない身体になってしまったり、

一生治療が必要な身体になってしまう可能性があるのですから。

 

そんな中、賠償金で高額を請求された場合、

ケガをさせた側が「そんな大金が無いから払えません!!」で済めば良いのかもしれませんが、

これではケガをした方が報われません。

ケガをして治療費が必要だったり、その後働いて稼げた額がほとんど得られないかもしれないのですから。

 

これはかなりの問題ですよね。

そこで、もしものときの備えとして存在している「自転車損害賠償保険」が存在しています。

要は車の損害保険と一緒で、

もし自転車を乗る側として相手方にケガをさせてしまい多大な治療が必要となった場合に一定額までお金をあててくれる、というものです。

車を乗る場合には一般的なものかもしれませんが、これの自転車版です。

 

現状、任意だったり努力義務としている都道府県の加入率は決して高い状況でもありません。

むしろこういうものは加入してない人に限って事故を起こすものですから。。

 

任意だった都道府県も「加入義務」としたことで加入率が大幅にあがったという事例もあるそうです。

 

という訳で自転車利用者にこの「損害保険」の加入を義務化するというものです。

対象県はどこ?

こちら都内では2020年に「加入義務化」しますが、

2015年に兵庫県で「加入義務化」以降は全国で進んでおります。

こちらは都道府県別に定めており、県でなくても市や町で施行しているところもあります。

 

こちらは各自治体のホームページなどを確認してみてください。

たとえば北海道なら

「北海道 自転車損害賠償保険」などで検索すると

各自治体が「義務化」されているのか「努力義務化」されているのか分かるはずです。

 

もしくは施行が全国的に活発になっているために

「努力義務化」もしくは「義務化」が直近で予定されている場合もあります。

 

ご自身の自治体の状況を確認してみてください!!

 

もし、自転車損害賠償保険に未加入で

近々「努力義務化」もしくは「義務化」が予定されているのであれば、

なるべく早めにご自身で加入するようにしましょう。

 

いえ、むしろどのような状態であっても自転車損害賠償保険には加入してください。

努力義務との違いは?

すでに何度か登場していますが「努力義務」と「義務」の違いは何でしょうか?

 

簡単に言えば「任意」と「強制」の違いです。

 

今はそんなに強く言っていなくて「努力義務」だとしても

時間の問題でいつか「義務化」するものだと思います。

 

自治体としてはいきなり強く言わないように「様子見」をしている段階なのかもしれません。

それで保険の加入率があがればいいかもしれませんが、

そんな都合よく事態が進むわけでも無さそうなので、

「義務化」がどんどん進んでいくだけのようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自転車保険の加入義務化とは?対象県はどこ?努力義務との違いは?

というテーマでお送りさせていただきました。

 

自転車事故で困るのは貴方ではなく、被害者側が一番なのであることを忘れてはいけません。

だったら何をするべきか?

自転車保険が義務化されていようがなかろうが

自身が「保険に加入」することが最低限の事だと思います。

あとは、普段から事故を起こさぬように細心の注意を払うだけです。

 

皆で譲り合い住みよい国にしていきたいですよね。

 

タイトルとURLをコピーしました