スポンサーリンク

いつまで暑い?2019年衣替えに夏服収納のタイミングや時期は?

2019年、令和最初の夏が来ました。

2019年の梅雨は涼しい日が多く過ごしやすかったのですが、

気になるのは夏の暑さ。

 

今回は、

いつまで暑い?2019年衣替えに夏服収納のタイミングや時期は?

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

2019年の夏について

まずは2019年の夏についてみてみましょう。

 

昨年、この時期はすでに梅雨があけ、夏空でした。

しかし、2019年は低温の梅雨。まだまだ湿気る予想です。

 

関東や東北の太平洋側では、この時期としては涼しい日が続いています。

 

 

東京都心では、最高気温が25度に届かない日が5日続きました。

 

7月で5日以上25度未満が続くのは、1993年以来26年ぶり。

仙台では6日続き、20度に届かない日もありました。

実はとっても涼しい夏だったのです。

 

日中の気温の上がり方は、鈍い日が続くでしょう。

薄手の上着があるとよさそうですね。

 

 

12日(金)から14日(日)頃は、

本州付近に南から暖かい空気が流れ込むとのこと。

 

曇りや雨でも平年並みの気温になる所が多いようです。

ただ、これも一時的で、しばらく厳しい暑さはなし。

 

夏の暑さは体力を消耗するので、暑さが落ち着いていると嬉しいですね。

 

涼しめの、過ごしやすい夏が来そうです。

 

 

そんな夏ですが、7月下旬になると本領発揮の様子。

勢力を弱めていた夏の太平洋高気圧が、本州付近に張り出してくるとのこと。

 

とうとう夏本番、という空気になりそうです。

 

九州から関東を中心に日差しが照りつける日が増えるでしょう。

8月にかけて、平年同様に暑い日が多くなる見込みです。

 

夏前半は過ごしやすいものの、やはり夏は暑いもの。

夏バテや熱中症に注意が必要です。

 

参考:tenki.jp

 

 

 

いつまで暑い?

そんな夏ですが、いつまで暑いのでしょうか。

きになる情報をみてみましょう。

 

 

まず、気温についてですが、

昨年のような猛暑にはならないと予想されます。

 

 

気象庁から発表された3カ月予報の平均気温では、

 

7月は北日本で平年並みか低い、東・西日本はほぼ平年並み

8月は北・東・西日本でほぼ平年並み

9月は平年並みか高い

 

と予想されています。

 

エルニーニョ現象発生期間中の夏ですが、

極端な冷夏の予想ではありません。

 

 

東京の平年気温をみてみると、9月は22~26度。

2019年9月は平年並みかやや高めとのことなので、

25度前後ではないでしょうか。

 

 

2019年10月になると、関東の平均気温は20度以下になるため

涼しさを感じる日がでてきそうです。

 

夏の暑さも落ち着き、秋への一歩が近づきます。

 

参考:東洋経済オンライン・weather.time-j.net

 

 

 

 

夏服収納の時期やタイミング、衣替え

そして気になる、夏服収納の時期やタイミング、衣替え。

 

平年の気温と予報から、

10月初旬から収納をはじめるのがタイミングかもしれません。

 

しかし、毎年【今週は暑い】という予報がでているため、

半袖を残しつつ、羽織るもので調整できるようにしておくと、

急な天候の変化にも対応できます。

 

完全に夏服を収納し、衣替えをするのは

10月の下旬がいいのかもしれません。

 

 

暑さが変わると体力を消耗します。

高齢の方やこどもはとくに羽織もので調整し、

気温による体の負担を最小限にしたいですね。

 

 

まとめ

いつまで暑い?2019年衣替えに夏服収納のタイミングや時期は?

をテーマにお送りしました。

 

夏の暑さが続くと、いつまでなのか、と思いがち。

令和最初の夏を楽しんで、体調を崩さないように衣替えをし

秋の準備をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました