令和コスタ行橋駅はどこ?名前の由来は?

スポンサーリンク

平成から令和にまたがる時に

・平成駅

・昭和駅

・大正駅

などが話題になりましたが、

早くも令和駅が誕生しました!!

 

そこで今回は

令和コスタ行橋駅はどこ?名前の由来は?

というテーマでお送りさせていただきます。

スポンサーリンク

令和駅はどこにある?

正確には「令和コスタ行橋駅」という名称になります。

どこにあるのでしょうか?

 

平成筑豊鉄道は、田川線の行橋~美夜古泉駅間に開業する新駅になります!

どこだよ!?と私もなったので近隣の方以外はなかなか分からないと思います。

 

住所と郵便番号でいうと、次の通りとなります。

〒824-0038 福岡県行橋市西泉6丁目1−1番1号

 

なるほど、九州は福岡という所ね。

これなら割と理解しやすいと思います。

 

九州は福岡からは少し離れていて、北九州市ほど北には行きませんが、

福岡からずっと東に行った場所「行橋市」があります。

場所的にはそのあたりですね。

 

結構行きにくい場所になりそうです。

 

インスタ映えなどで「令和駅」に訪れる方は

九州旅行のついででも良いかもしれませんが、それなりの遠出になる可能性はあるので注意してください。

 

それにしても「令和コスタ行橋駅」というのも

なかなか長いネーミングで戸惑いが隠し切れませんよね。

 

高輪ゲートウェイ駅」を彷彿とさせる

ネーミングセンスかと思いました。

 

という訳で令和コスタ行橋駅の名前の由来も調べてみました!

 

令和コスタ行橋駅の名前の由来は?

「令和コスタ行橋駅」とかいて

(れいわ こすた ゆくはし えき)

と読みます。

 

「コスタ行橋」?

場所を紹介した通り「行橋」は市の名前になります。

 

「コスタ」?

これは行橋市にあるショッピングモールの名前だそうです。

TSUTAYAやドン・キホーテが並ぶエリアになります。

 

という訳でもうお分かりいただけると思いますが、

この「コスタ行橋」の近くに今回無人駅が開業することとなりましたが、

「令和初の国内開業駅」ということで頭に「令和」をつけちゃったそうです。

 

この早い物勝ち感が何とも言えませんよね!

ただ、これだけで少し話題にはなるのは間違いなさそうです。

ストレートな「令和駅」が登場すると影が薄くなる可能性は高そうですが、

ひとまずそれまでは「令和ブーム」の恩恵は受けれそうです。

もしくは令和の次の元号が登場する時に注目される・・・?かもしれないです。

 

という訳で「令和コスタ行橋駅」の名前の由来についてはこんな感じです。

他の元号駅はどこにある?

ついでに他の元号駅もどこにあるか調べてみました。

〇平成駅〇

熊本市中央区平成二丁目

 

こちらも九州は熊本。

同じ九州か!なら令和駅と纏めて行けるかも!

と思いの方にYahoo!地図のルート検索で調べてみたところ、

距離にして一般道路で約150km

車で4時間弱ほどの道のりだそうです。

ちなみに徒歩だと30時間ほどの距離です。

 

続いて、昭和駅

〇昭和駅〇

川崎市川崎区扇町1

 

こちらは神奈川県は川崎市に存在しています。

「鶴見線」というかなりマイナーな路線があるのですが、

そこの駅のひとつです。

関東在住の方にとってはそこそこ行ける場所かもしれません。

鶴見線の本数が少ないのでそこだけ気を付けて向かえば、ですが。

 

最後に大正駅です。

〇大正駅〇

・大阪市大正区

・長崎県雲仙市瑞穂町岡

・北海道帯広市大正本町

なんと三つもあります!

※写真は大阪の大正駅のものです

 

こちらはお住まいのエリアから最寄りの場所を行こうと思えば行きやすいかもしれません。

ただ、北海道・長崎・大阪なのでなかなかバランスが悪いと言えば悪い配置ですね。

あくまで「令和駅」と比較した場合にまだ行きやすいかなと思えるレベルです。

(・・・そんな事ないですね)

 

まとめ

いかかがでしたでしょうか?

令和コスタ行橋駅はどこ?名前の由来は?

というテーマでお送りさせていただきました。

 

なにかと話題になることが多い「令和」ですが、

同じように取り上げてもらえるように祈るばかりです。

 

もし、話題にもならなかったら折角「令和」なんて命名したのに

不発感が半端なく終わってしまうので、少しでも話題になることを願います。

 

もしくは令和の次の元号になる時には遅くても触れられて話題になるはずなので、

最悪その時まで温存しておく覚悟が必要なのかもしれません。

 

「令和駅」というストレートな名前の駅が登場しない限り。。。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る