スポンサーリンク

いつから引っ越し準備する?荷造りコツやスケジュールを公開。

人生の転機につきもの、引っ越し。

就職、同棲、結婚、就学など、引っ越しは大きな転機を伴います。

 

そんな引っ越しといえば悩みもつきもの。

今回は、

いつから引っ越し準備する?荷造りコツやスケジュールを公開。

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

いつから引越しの準備や荷造りをする?

まずは引っ越しの準備や荷造りのタイミングについてみてみましょう。

 

 

1人暮らしの場合のスケジュール

1人暮らしの引越しの荷造りでかかる日数は、平均で5日。

1人暮らしの場合、自分しかいないからこその利点と注意したいポイントが。

それは、まだ大丈夫と思って準備がすすまないことです。

 

 

1人暮らしの利点は、自分のペースで準備や荷造りができること。

遊びの予定を入れて、この日に食器を片付けて、この日に服を片付けて…

 

予定をたててもまず予定通りにはいかないと思っておくのがいいでしょう。

前日に焦るものです。

 

だからこそ、予定は余裕をもってたてることが大切。

 

荷造りは引越しの2日前には終わる予定にする

荷造ができなかったときのために予備日を設けておく

 

など、少しの工夫で余裕をもって準備ができます。

 

 

 

 

2人暮らしの場合のスケジュール

2人暮らしの場合、平均でかかる荷造りの日数は6日。

1人暮らしとあまり変わらないですね。

 

2人暮らしという「相手がいる」からこそ、気を付けたいポイントが。

それは、

自分だけ準備を頑張っていると相手が思わないようにすることです。

 

 

仕事や趣味などで2人の時間が合わない方も沢山いるでしょう。

 

相手が沢山準備をしていたとしても、

相手が休憩しているときに自分だけ準備や荷造りをしていると、

なんだか寂しい気持ちになりますよね。

 

お互い生活リズムは違うもの。

だからこそ、どこを誰が荷造りするかを明確にすることで

「なんで自分だけ頑張ってるの」という気持ちは少なくなります。

 

また、お互いに「準備ありがとう」とちゃんと言葉にするのも大切ですね。

その1言で、今後の暮らしはより良いものになるでしょう。

 

 

 

3人暮らしの場合のスケジュール

3人家族の場合、平均で必要な日数は8日。

余裕をもって3週間前ぐらいから荷造りをスタートさせるのがおすすめです。

 

子どもがいる家庭の場合、

子どもの年齢や性格によっては準備を手伝ってくれる協力な助っ人になるでしょう。

 

しかし、普段と違う荷造りというイベントは、子どもにとって、とっても興味があるもの。

段ボール箱の中に入ってみたり

荷造り用のテープで遊んでみたり

全く引越し準備や荷造りが進まなくなることも考えておくことが大切です。

 

 

 

 

そして、家族がいる場合のポイントは、まず荷物を減らすこと、処分です。

 

子どもがいる家庭の場合、

年齢に合わない(使う時期を過ぎてしまった)おもちゃ

保育園や幼稚園で使っていた(今はもう使わない)道具

など、今使わないものが沢山あるのも事実。

 

古くなったりもう使えないものは思い切って処分しましょう。

とはいえ、まだ使えるもの、比較的新しいものを処分するのはもったいない。

友人にあげたりリサイクルショップに持っていくなど工夫して処分するといいですね。

 

 

引越しに共通すること

人数やライフスタイル関係なく引越しに共通することがあります。

それは新居でレイアウトに迷うことです。

 

新居が今までより広くなって過ごしやすい

ちょっと狭くなって荷物が入るか心配

 

広くなって嬉しい人も狭くなってインテリアに悩む人も、

どちらもレイアウトで悩みます。

広ければ迷わない!なんてことはなく、広いからこそ配置に悩むこともあるのです。

 

デッドスペースが生まれ、かえって使いにくくなる家具もあります。

 

 

そんなレイアウトの悩みを解消するコツ、

それは必要なものだけ残すこと。

 

必要なものだけならば一か所にまとめることができます。

広くても狭くても1カ所にまとめることができれば、レイアウトにも困りません。

1カ所でなくとも2カ所でもいいのです。

必要なものが使いやすいようにコンパクトにまとまることがコツです。

 

こうすればレイアウトに迷うことがなくなりますし、

荷造りや引越し後の準備も楽におこなうことができます。

 

 

引っ越し当日に必要な準備

引っ越しをしてひと段落。

トラックに積みあとは引っ越し先で待つのみ。。。

そんな中で焦らないためには、引っ越し当日の準備やコツが必要です。

 

 

当日は〇〇を持っていく

まず1つ目のコツ、それは、

トイレットペーパーとカーテン、掃除用具は最小限持っていく

ということ。

 

最近は水道だけ先に開通することが多いです。

そこでトイレが使えるのですが、トイレットペーパーがなければ大変です。

トイレットペーパー1ロールだけでも持っていくことをお忘れなく。

 

 

そして、この時代、部屋の中が丸見えは危険です。

レースのカーテンだけでも持っていきましょう。

カーテンがなければ大きめの布でも構いません。

 

特に、女性の一人暮らしとわかるのは危険です。

防犯上、女性が住んでいると分からないようにするのは大切なこと。

一人暮らしを始める女性は必ずカーテンを持っていきましょう。

 

 

掃除で先手を

そして引っ越し先は使われていないため、そして荷物の搬入でホコリやごみがでます。

最低限の掃除用具はもっていきましょう。

 

おすすめは、フローリングシート、雑巾、ゴミ袋、手袋。

意外とホコリが溜まっているので、掃除をすると沢山使います。

 

荷物の搬入前にエアコンの掃除をするのもおすすめです。

 

 

まとめ

いつから引っ越し準備する?荷造りコツやスケジュールを公開。

をテーマにお送りしました。

 

いつから準備をするかが分かると予定を立てやすいですね。

 

引越しはインテリアやレイアウトを考えると楽しいですが、準備や荷造りは大変。

だからこそ、いつから準備か明確にして心にも余裕をもって進めていきましょう。

 

そして素敵な引越し後のライフを楽しんでください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました