タピオカ蓋は何故あるの?密封(シーリング)する理由とは?

スポンサーリンク

空前絶後のタピオカブームと言っても過言では近年。

いろいろなお店がタピオカを展開しており、

目にする機会も増えてきました。

 

そんなタピオカドリンクに最近やっとデビューした私がふと疑問に思ったことがあります。

 

タピオカの蓋はなぜあるの?

なぜ蓋で密封するの?

この密封のことをシーリングと言います。

 

今回はこちらのテーマでお送ります。

スポンサーリンク

 

タピオカの蓋は何故あるの?

明確な理由はありません。

一番有力な説と思われるのが、

「持ち運びをしやすくするため」だそうです。

コンビニなどでも購入できるタイプもありますが、

店頭で買うのに蓋をされ、密封されることで

持ち運びが容易になります。

もちろん、その場で飲むことも可能ですが、

どこかに持って行ったり、誰かの分も買って行ってあげたり、

写真を撮ってSNSに投稿しやすい要素ともなっています。

 

タピオカが何故こんなにブームなのか?

という考察をしている方も沢山いらっしゃいますが、

このタピオカに蓋をしたことによる

・持ち運びのしやすさ

・SNS投稿への繋げやすさ

などが相まってブームになっている可能性もあります。

何よりその根幹を支えているのがこの「蓋」という訳です。

 

タピオカドリンクには蓋をしなければならない

という決まりも規約ももちろんありませんが、

結果的に蓋をしているタピオカドリンクの方が

有名だったり人気だったりしているようです。

 

そこまで考えてタピオカドリンクが世に売り出されたかは

定かではありませんが、結果的に蓋があったおかげで

現在のブームのきっかけになったとも思われます。

 

タピオカの密封(シーリング)

タピオカに蓋をして密封する理由。

それも定かではありませんが、

こちらの蓋をする所業のことをシーリングというそうです。

 

しかもこのシーリングは専用の機械があり、

タピオカのお店には大体このシーリングマシンが常備されております。

 

しかもしかも、購入したタピオカドリンク1個1個をちゃんとシーリングしてくれます。

このためでは無いと思われますが、せっかく密封シーリングしているので、

このついで大きくシェイクしてタピオカを沈殿される際にも

この密封シーリングが役立っていると思われます。

 

なぜタピオカの店はあんなに行列ができているのか?

主に女性に人気のため注文に時間がかかっている~

なんて観方もできますが、それに加えてこのシーリングマシンで

一個一個密封をかけているため、との観方もできそうです。

 

何はなくともこの蓋による密封シーリングがあって

「タピオカドリンク」感が勿論出ますし、

このシーリングが無いと何か物足りなさを感じてしまうのも事実。

 

タピオカドリンクと言えば

この「蓋で密封されているもの」という先入観は何となく分かる気がします。

 

そしてタピオカを扱っているお店では

ほぼこのシーリングマシンを揃えるところまでが一連になっているので、

このシーリングマシンがあるか無いかでタピオカ自体の売り上げにも影響はありそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タピオカ蓋は何故あるの?密封(シーリング)する理由とは?

というテーマで送らせていただきました。

 

何故、こんなに人気が出たのかは様々な説があるので、

ここでは結論付けるつもりはありませんが、

なんで蓋をして密封するのだろうか?というところには

少し答えが見いだせたかもしれません。

 

なお、もしタピオカドリンクをまだ飲んだことが無いというのであれば、

まずはタピオカドリンクを試してみることから始めてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする