スポンサーリンク

妊娠したら産前産後は国民年金保険料が免除。対象や期間は?

妊娠・出産。

大概の方はおめでたい話になりますが、

今のご時世なので色々と気になるのはかかるお金の話。

今回は

妊娠したら産前産後は国民年金保険料が免除。対象や期間は?

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

まずはこちらをご覧ください(外部リンク)

当制度の概要です。

 

これを見てなんのことか理解できるなら良いのですが、

よく分からない事が多いかと思いますので、

少しかみ砕きながら解説していきたいと思います。

 

まず、対象となる状況ですが、

「第1被保険者」とあります。

こちらは「自営業・農業者・漁業者・学生・無職の方」となります。

要は「会社員以外」の人です。

 

会社員の方は年金保険料の支払いは給与から天引きされているのですが、

「第1被保険者」の特徴として

年に1度振込用紙がどさっと届き、それを使って国民年金保険料を支払っている方、というのが分かりやすい特徴になります。

 

「そういう支払いの方している!」という方が今回、国民年金保険料が免除になりますので、よく読んでいただけると幸いです。

 

会社員の方は元々、妊娠期間中は厚生年金と健康保険料が免除になるのですが、対してそれ以外の方は特に免除になる期間や対象がありませんでした。

 

そこで、2019年4月より開始されたのが

「国民年金保険料の産前産後期間の免除制度」

になります。

 

妊娠時期から産後の一定期間の国民年金保険料の支払いが免除されることとなり、

今までより家計の負担が軽減される対象の方には

ありがたいお話になります。

 

 

産前産後期間の免除制度の期間は?

さて、気になる対象の期間ですが、

出産予定日より2か月前、出産後2カ月間の

合計4カ月間が対象の期間となります。

 

1か月あたりの国民年金保険料は

16,000円ほど。これが4か月分も免除されるということなので、

なかなか大きい話です。

 

さらには双子以上の場合は妊娠期間と、育児期間がそれぞれ1カ月ずつプラスされ、合計6か月間が免除となります。

 

そしてこの手のものは黙っていれば通常通りに請求されるので、

妊娠が発覚した場合は自ら申請する必要があります。

申請しないと損するだけなので必ずしましょうね。

 

また、補足ですが2019年4月から本制度が導入されたということなので、

出産予定日が2019年の3月や4月の方は残念ながら2019年3月分までは対象にはなりません。

2019年4月が予定日なら出産後の2か月分だけが免除となります。

 

とは言え、何もなければ免除も何も無かった話なので

2か月分だけでも免除されると思えばありがたい話です。

 

どちらにしても詳しくは最寄りの役所まで問い合わせて確認してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

妊娠したら産前産後は国民年金保険料が免除。対象や期間は?

についてお送りさせていただきました。

 

単純に知らないと損する話です。

自身や家族、身の回りの方が妊娠・出産となり、

対象なのであれば当制度は必ず利用するべきです。

 

産前・産後でお金がたくさん必要となるので、かかるお金が減らせるなら積極的に減らしていきたいですよね!

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました