スポンサーリンク

光熱費1万円以下にする方法。簡単我慢なし!平均相場と節約術は?

冬本番が来ます。

そんな冬に気になるのは光熱費。

寒くて暖房がかかせないとはいえ、節約はしたいですよね。

 

そこで今回は、

光熱費1万円以下にする方法。簡単我慢なし!平均相場と節約術は?

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

光熱費の平均相場って?

光熱費の平均相場をみてみましょう。

 

そもそも光熱費って何?

一人暮らしを始めた方などは、光熱費が何か具体的に知らない方もいるのでは。

しかし、当たり前のことすぎて聞けない人もいるのではないでしょうか。

 

光熱費というのは生活するうえで必要な、水道代・ガス代・電気代の料金のことをいいます。

 

平均的な一人暮らしの場合、全体的相場だと1万円前後だといわれています。

 

 

水道代の平均相場は?

基本的に一人暮らしの水道代は3,000円程度ですが、水道料金は管轄の水道局によって料金設定が異なるので一概には言えません。

ちなみに家賃に水道費込みのマンションなどもあります。

 

 

ガス代の平均相場は?

大体一人暮らしのガス代の平均は3,000円~5,000円程度が相場。

都市ガスの場合、月1,500円以内に収まるケースもあります。

住む物件が都市ガスとプロパンガスのどちらを契約しているかによって

料金が大きく変わります。

 

 

電気代の平均相場は?

通常だと3,000円程度で収まるところが、エアコン使用時期は7,000円を超えることもあります。

 

 

 

簡単我慢なしで光熱費を1万円以下にする節約術

そんな光熱費の平均相場ですが、

一人暮らしでなくとも1万円以下にすることができます。

 

そして、簡単我慢なくできるのが一番ですね。

今回はそんな簡単我慢なく光熱費1万円以下にする方法や節約術を紹介します。

 

 

電力会社を見直す

電力の自由化により、電力会社を選べるようになりました。

そんなに変わらないと思っている方もいるかもしれませんが、

電力会社によって電気代は違います。

 

どこがいいというのはありませんが、我慢なしでできる方法です。

いろんな会社を検討して各家庭にあった電力会社をみつけるといいですね。

 

 

扇風機やサーキュレーター活用

扇風機やサーキュレーターを併用することで、電気代を抑えることができます。

 

エアコンから吹き出た暖かい空気は上のほうに溜まります。

扇風機やサーキュレーターを上に向けて回し、空気を循環させると、温かい空気が下まで降りてきます。

 

エアコンをつけたらついてに扇風機もつけるだけ、簡単な節約術です。

 

 

使わない部屋や離れるときは消す

当たり前と思う方もいるかもしれませんが、実は以外としていない方もいます。

 

電気は消していますか?

待機電力をみていますか?

電気カーペット誰も使っていないけど温かいのでは?

隣の部屋、電気がついていますが誰かいますか?

 

思い当たる方がいたら、まずは意識してみるといいかもしれません。

我慢なしでできますよ。

 

 

みんな一緒の部屋で過ごす

こちらも当たり前かもしれませんが、

実は以外と別々の部屋でエアコンをつけていたりします。

 

一人の時間も大切ですが、電気代をきっかけに家族や同棲している人など、

住人同士の会話を増やすきっかけにしてみるといいかもしれません。

 

 

自動運転にする

エアコンをつける時に、電気代を気にして

最初から弱運転モードにしいている方は多いのでは?

 

実は、弱運転モードは逆に電気代が高くなってしまうとのこと。

 

エアコンは設定温度にするまでが一番電気を使うため、自動運転で一気に室温を上げてしまうほうが電気代はかかりません。

エアコンをつける際は「自動運転」モードを使いましょう。

 

 

断熱材の活用

外気温との差が激しいと、部屋を暖めようとエアコンは一生懸命頑張ります。

その結果、電気代がかさむ場合も。

 

窓ガラスやカーテンを断熱のものにすることで、電気代を節約できます。

 

とはいっても、買い替えはお金がかかるもの。

まずは市販の断熱材で試してもいいかもしれません。

 

ちなみに私は、アルミの保温材を窓に貼るという方法をとっています。

1枚400円くらいで2枚。とっても温かく快適です。

 

 

いかにもアルミ素材!というものは見た目が気になるので、白いものを探しました。

お店の暖房コーナーにある所も多いですが、

お風呂コーナーにもあるので、チェックしてみてください。

 

 

こまめな掃除

フィルターが詰まるエアコンの性能が落ちてしまい、

余計な電気代がかかるようになってしまいます。

2週間に1度はフィルターのお手入れをするのがベスト。

 

フィルターの掃除は正直面倒に感じる人も多いのでは?

 

いつも行う掃除機がけのついでにエアコンフィルターを外して、

ついているホコリを吸い取ってしまえばあっという間に終わりますよ。

とっても簡単な方法です。

 

 

まとめ

寒さを我慢しすぎて体調を崩したら意味がないですから、

1万円以下になる方法や節約術が我慢なしでできるのはいいこと。

 

家庭にも健康にも環境にも優しく、光熱費を節約しましょう。

タイトルとURLをコピーしました