ワイモバイルの通信障害原因は?ソフトバンクMVMOへの影響や対応は

スポンサーリンク

2018年12月6日にソフトバンク、ワイモバイル、各MVMOで通信障害が発生しました。

私も通信障害で困惑した1人。

今回は、

ワイモバイルの通信障害原因は?ソフトバンク各MVMOへの影響や対応は

についてお送りします。

スポンサーリンク

事態の内容は?

事態の内容はこうです。

ソフトバンクによると、通信障害は午後1時39分ごろから、全国規模で発生。

ネット上では、「通信が圏外になった」「つながらない」といった声が殺到していた。

ソフトバンクの広報担当者は、ハフポスト日本版に

「復旧当初は、通話やデータ量が大きくなるので、繋がりにくい状態がしばらく続く見込みです」と話した。

参考サイト

同参考サイトでは、復旧について

ソフトバンクは、12月6日午後に発生した携帯電話のモバイル通信障害が、

午後6時すぎに復旧したと発表した。

としています。

原因は

原因は何でしょうか。

原因ついて、ソフトバンクではLTEに関わる交換設備の不具合としています。

これ以上のことは調査中であり答えることはできないそうです。

憶測として言われているのは、

・決済システムの負荷

などがありますが、あくまで憶測のため根拠はありません。

皆さんが一番心配しているであろう、サイバーテロとの関係は否定されています。

各MVMOの影響は

MVMOって何?

そもそもMVMOとは何でしょうか。

MVNOは、大手キャリアから通信回線を間借りして、

そこからさらにユーザーに回線を契約している格安回線のことです。

格安スマホ格安SIMの事と思っていただければいいかと思います。

つまり、今回のソフトバンクの通信障害では、

ソフトバンクという大手キャリアから間借りしている格安スマホも影響をうけていることになります。

ソフトバンクの各MVMO

2018年12月現在、ソフトバンク系列のMVMOは以下の通りです。

1.b-mobile S

2.リペアSIM

3.nuroモバイル

4.QT mobile

5.スマモバ(S)

6.H.I.Sモバイル

7.ワイモバイル

8.U-mobile S/U-mobile Super

9.Hitスマホ

10.ANA Phone

11.LINEモバイル

12.mineo

つまり、今回の通信障害ではワイモバイルをはじめ、

各MVMOで何等かの影響があったと思われます。

私の端末では、LTE回線は全く通信せず、インターネット回線を切り替えれば辛うじてつながる場合とつながらない場合があり、それなりに影響をうけました。

通信障害時の対応

私たちユーザーとしてできる通信障害の対応は何でしょうか。

対応1、通信に負荷をかけないこと。

つながらないからといって何度も回線を繋いだり外したりしていると、余計に負荷がかかってしまします。

本当に急用がある方は、大手キャリアが違う友人や同僚、会社に事情を説明して、スマホを借りて連絡しましょう。

とくに急ぎの用がない方は、触らないのがベスト。

対応2、復旧連絡があっても急用以外はすぐにしないこと。

復旧してすぐは回線が不安定であり、使用による負荷がかかると容易にダウンします。

せっかくつながるようになったのにダウンしては悲しいですね。

急用以外は連絡をひかえましょう。

まとめ

ワイモバイルやソフトバンク、各MVMOの通信障害の原因がわかって安心です。

しかし、通信障害はいつ起きるかわかりません、

対応を身に着け、通信障害がおきた際に参考にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする