消費税の軽減税率対象はどれ?食品の中でも外食はNG?8%は

スポンサーリンク

2019年10月1日にいよいよ消費税が10%になります!

全部が全部10%になると思っていませんか?

実は違うんです!

一部の品目については

軽減税率の対象となり、消費税が10%にはならず、8%のままになります!

実際にどんなものが軽減税率の対象になるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

消費税が10%になります

そもそもですが、2019年10月1日より

消費税が10%になります。

インフレがどんどん進んでいる日本においても

収入は減る一方。

これはなかなか大きな打撃になる方も多いのではないでしょうか。

こちらも合わせて御覧ください。

消費税が10%になるのはいつ?今のうちにやるべきことや買いだめしておくべきもの

日本国民の関心ごとしては、正直なところ改元なんかより

こっちの消費税の方がよっぽど気になるかと思います。

お財布から出ていくお金が必然的に増えるのですから

気にならない訳がないですよね!

あれもこれも値上げ、今までワンコインで買えてたものが

買えなくなっちゃう・・・!

そんな事も増えてくると思います。

企業側も努力をしない訳ではないと思いますが、

消費税の分、消費者の支出金額を下げるということは

企業側が負担を増やす(=利益を減らす)

ということになります。

頑張っては欲しいですが、色々と限界があると思うので

そればっかりを期待しては生活するのは難しくなりそうです。

軽減税率とは?

ここで聞きなれない単語が出てきました。

「軽減税率」

はて?これは何でしょうか?

簡単に言えば消費税を軽減することです。

消費税が10%になるのに、軽減!?どゆこと!?

それはその通りだと思います。

細かい事情はさておき、消費税が10%に全部が全部なるわけではありません。

これは知っておかないと損しますね!

ひとまず今回の軽減税率としては

2019年10月1日から施行されます。

つまり消費税が10%になるものと、

消費税据え置きの8%のものに分かれます。

これは消費者にとってはかなり嬉しい事ですよね!

事業者にとっては、消費税が8%のものと10%のものを

分けて計上したり、仕入れや申告から気にかけないといけないので

場合によっては結構面倒な事が多いようですが。

軽減税率の対象は?

さてさて、気になる軽減税率の対象品目ですよね。

ずばり、2品目だけです!

飲食料品と新聞だけです!

うーん、なんとも言えない感じになりました!

日々の生活に必要な飲食料品は嬉しいかもしれませんが、

新聞は今の時代に購読している家庭の方が少ない気が。。。

しかもですが両方ともそれなり条件や分岐があります。

そちらを詳しく見ていきましょう。

食料品

まず大きい話として、

・酒類は除く

・外食は除く

となります。

既にガッカリされている方も多いかもしれません。

なおかつ、「人の飲用又は食用に供されるもの」とあります。

平たくペットフードとかは除かれる、って意味だと思われます。

さらに、

・ケータリングを除く

ただし、有料老人ホーム等で行われる飲食料品の提供は軽減税率の対象になるそうです。

ケータリングとかも普段はなかなかする機会は無い方が多いかと思われます。

この辺も影響がある方は少ないと思われますね。

そして、最後に

・テイクアウトや宅配は軽減税率の対象

これはなかなか助かりますね。

外食が10%になってしまうのは少し残念ですが、

自炊や宅配、テイクアウトについては軽減税率の対象ということで

消費税が8%の据え置きになります。

これはしっかり覚えておくと普段の節約には大いに役立ちそうですね!

新聞

次に軽減税率の対象になるものとして新聞があげられます。

軽減税率の対象となる新聞は、政治・経済・社会・文化等で、一般社会的事実を掲載するものになります。

なおかつ、週2回以上発行されているものが対象となり、定期購読契約に基づきます。

先ほども書きましたが、今の時代に新聞をとっている家庭も少ないでしょうし、

上記に記載の限りです。

軽減税率はいつまで?

気になるところで軽減税率の期限はいつまでなのでしょうか?

せっかく8%据え置きでも半年とかで

全部10%になるなら淡い期待だけさせて悲しいもんですよね。

特に期限は設定されていないようです。

ただ、軽減税率が解除されて全品目が10%になるときは

それなりに事前に告知はあると思います。

それこそ急に変更でもされたら生活に影響が出る人が多発してしまいますからね。

無難に次の増税時期までは軽減税率はそのままなのかなと思います。

その時に今の品目が10%のまま据え置きで再び軽減税率とかになれば嬉しいのですが、はたしてこればっかりはどうなるか予想ができないです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

消費税の軽減税率対象はどれ?食品の中でも外食はNG?8%は?

ということで紹介させていただきました。

日本で生きている以上はきっても切り離せない増税の話。

日本はまだまだ税率の低い国なので

言ってしまえば「伸びしろしか無いです」

今後も増え続けるでしょう。

それは避けたくても避けられない道なんだと思います。

節約できるところは節約して、

副業や投資でもしながら収入を増やしていかないと

日本で生きていくのは辛くなっていく場面が多いかもしれません。

何かと計画的に生活するための準備を進めていきたい限りですね。

こちらも御覧ください。

「消費税が10%になるのはいつから?買いだめや準備について」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る