スポンサーリンク

北海道に梅雨がきた?夏は快適で過ごしやすい日本で唯一の地域。

北海道といえば梅雨とゴキブリが無いことで有名ですが、

ついにその神話も崩れつつあるようです!

 

そんな気になる北海道の梅雨事情について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

 

北海道に梅雨は無いの?

有名な話ですが、北海道に

一般的な「梅雨」と言われるようなものはありません。

 

あの湿気でじめっとした独特の季節。

雨が多くて何かと辛い時期ですよね。

同じ日本なのにそんなバカな話があるかよ!!

と思われたり言われる方がいらっしゃるかもしれませんが、

6月頃に北海道に行ってみたら分かります。

 

あれ?雨も多く無ければ

別にジメジメなんて全然してませんけど??

 

百聞は一見にしかず。

色々と根拠や理論を並べるより

一度見ていただくのが一番分かると思います。

 

どうもこうも北海道の夏は本当に涼しくて過ごしやすいです。

 

・外に少しいるだけでも汗がしたたってくる不快指数のお化け。

・日陰も別に薄暗いだけ。

・たまに吹く風も基本的に生ぬるい

 

書いているだけで辛くなりましたが、

これが THE 日本の夏

と分かっていただける方は多いのではないでしょうか?

 

対してTHE 北海道の夏

はこんな感じです。

 

・代謝の良い人か運動しすぎたら普通に汗はかきます

・日陰は涼しいエリア

・風は冷たくて気持ち良いものがほとんど

・油断して夜も薄着でいると風邪ひきます

 

え!?同じ日本ですか?!

 

これは北海道に十数年住んでから別の土地で生活している

私のリアルな体感談です。

蝦夷梅雨ってなに?

少し話題になりましたが北海道には梅雨はありませんが

「蝦夷梅雨」というものが存在します。

 

え!?何それ!?

道産子(どさんこ:北海道生まれの呼び名)でも

こういうリアクションするマイナーなものです。

 

なんでも

5月下旬から6月上旬にかけて

オホーツク海高気圧の影響を受けた

湿度が高い日が10~15日ほど小雨や曇りで続き、

日照不足になる現象 だそうです。

 

私は初めて聞きました。

 

対して普通の梅雨、

ないしは梅雨に近いものはこういう事らしいです。

 

梅雨前線が東北地方まで北上して停滞しているとき、

雨雲が北海道南部にかかることで、

本州の梅雨のような湿気の高い雨や曇りが続く現象。

だそうです。

 

言うてもこの「梅雨的なもの」は北海道では稀な現象であるため、

北海道人もその名を知らぬばかりか

蝦夷梅雨になった事に気づいている人はどれだけいるのか・・・

 

近年の北海道は?

梅雨がないとされる北海道では

例年の降水量が一番少ないのが6月になるそうです。

 

しかし北の楽園、北海道でも年々気温が上昇しており、

湿度が高くなってきて「梅雨的なもの」の現象が現れやすくなっているそうです。

 

特に梅雨末期を飾る大雨が北海道では特に現れやすくなったそうです。

2018年、北海道では梅雨という現象が顕著におきました。

 

札幌・函館の観測結果によると

一年で一番降水量の少ない6月が

一年で一番降水量の多い記録をだしたそうです。

 

これは本当に分かりやすいです。

近年聞いたこともないような洪水ニュースや

河川の氾濫など、北海道ではこの時期に多く発生したのもこの2018年でした。

 

(番外編)ゴキブリはいるの?

よく北海道にはゴキブリはいないとされますが、

これは十数年前ぐらいから普通にいます。

 

と言っても東京などで見るような大きさではなく

小粒サイズのものがたまにいらっしゃる程度です。

 

札幌の飲食店なんかではよく見られましたが、

それでも小さめのサイズ。

 

ただ、年々の気温上昇もあるので、

北海道のゴキブリさん達も数年の間に

大きく成長されていっていると思うので

日本全国共通のサイズになるのは時間の問題なだけかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

北海道の梅雨事情、蝦夷梅雨について紹介させていただきました。

 

よく北海道に旅行に行きたいという方がいらっしゃいますが、

私は圧倒的に夏をお勧めします。

 

北海道と言えば雪、スキーやスノボ!

という発想があるかもしれませんが、

それは間違いではありません。

ただ、気軽な気持ちで冬の北海道なんていくと

かなりの寒さにメンタル面から先にやられてしまいます。

だって平均が氷点下(0度以下)ですからね。

 

そこに抵抗や経験がある方は北国の方以外あまりいないはずです。。。

 

となると、湿気や暑さが少ない夏の北海道は

快適に過ごせるだけでなく、行動もしやすいので

「冬の北海道が絶対!」という拘りが無い限りは

夏場の北海道に旅行に行くことを強くお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました