スポンサーリンク

消費税いつから10%?今のうちに買いだめや準備しておくこととは?

いよいよ迫ってきた消費税の増税。

日本は今まで1桁台でしたが、ついに2桁時代に突入します。

 

そんな気になる消費税の話題。

今回は、

消費税いつから10%?今のうちに買いだめや準備しておくこととは?

をテーマにお送りします。

※2018年現在の情報です。

スポンサーリンク

 

消費税はいつから10%になるの?

消費税はいつから10%になるの?

 

消費税は身近に絶対かかるもの。

日々の買い物でも塵も積もれば山となります。

そんな消費税に関し、2018年10月15日にこんな記事がありました。

 

 

安倍晋三首相は15日の臨時閣議で

「消費税率は法律で定められた通り、

来年10月1日に現行の8%から10%に引き上げる予定だ」

と述べ、消費増税を予定通り行う方針を表明した。

参考サイト:毎日新聞

 

 

今まで予測でしかなかった消費税10%が、本格的に決定した様子。

準備をしていても、気が付けばすぐですね。

いつから?と思っている間に増税日が来てしまいそうです。

 

 

 

いろんな国の制度やルールが変わっても

我々の生活に大きな影響や負担を感じるケースは正直少ないと思いますが、

 

消費税の増税というのは非常に大きな影響があります。

 

 

というのも、日々の消費金額が増えるのですから

「影響が大きいように感じてしまう」と言う方が正しいかもしれません。

 

 

「国が〇億円無駄遣いしてた」

「〇〇に予算〇億円」

 

よく考えると意味不明な事をしていても

そもそも国民で興味がある人が少ないなんて事はよくある話です。

 

 

ですが、消費税の増税だけは違います。

 

なぜなら、日々の生活に直結する影響だから。

むしろ、関心のない人はいないと思います。

 

 

消費税の歴史

いつから消費税が10%になるのかはお分かりいただけたと思います。

では、次に

日本の消費税はどういう風に増えてきたのでしょうか?

 

 

消費税の歴史

消費税の歴史は以下の通りです。

 

消費税3%:1989年4月~

消費税5%:1997年4月~

消費税8%:2014年4月~

消費税10%:2019年10月~

 

 

消費税の歴史はまだまだ30年ぐらいなんです。

生まれた時には消費税が既にあったという方も沢山いるのではないでしょうか。

 

 

消費税アップの間隔も注目。

消費税の歴史なんて・・・

と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、大事なことなんです。

税率アップの間隔を注目してみましょう。

 

 

増税間隔ですが、

8年→17年→5年 という間隔があいています。

 

 

これは今後10年近くあがらないとも見えますが、

数年以内にまた増税があるんじゃないかとも見えます。

 

 

国からしたら消費税はあげるだけ財政のプラスになる訳ですから、

早めに高い倍率にしてくるんじゃないかと思われます。

 

そうこう言っているうちに

いつから15%?

いつから20%?

そういう時代もすぐに来るのでは無いでしょうか。

 

 

★サイト内おすすめ記事★

引越ししたら税務署での手続き!確定申告前までに忘れずに!

 

 

 

 

世界の消費税

続いて、世界の消費税を見ていきましょう。

我が国の消費税で悲鳴を上げている方も多いと思いますが、意外な結果です。

 

 

消費税率が高い国

まずは、税率が高い国をみてみましょう。

 

 

ハンガリー・・・消費税27%

アイスランド・・・消費税25.5%

クロアチア、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー・・・25%

 

 

なんと、25%以上の国々が世界にはありました!

それにしても25%というのは驚異的な数字ですよね。

 

 

自分たちの生活に置き換えたら・・・

100円ショップで税込み125円

4つ買ったら合計500円

 

ものを4つ買うごとに消費税だけで、1個分の金額になるという事です。

安いときに買いだめをしても、私たちの基準からしてみれば大変な出費です。

 

無税だったら週5日購入できてたものが、同じ予算では1日買えないということ。

 

 

もう少し分かりやすい例でみてみましょう。

 

毎日飲み物を買うとします。

(月に30本、年間で360本買っている計算とします)

 

それが消費税25%と考えると、

同じ予算では購入できない日が月に6日、年間で72日ある計算です。

これは非常に大きな違いですよね。

 

 

消費税率が低い国

対して消費税が低い国です。

 

カナダ、台湾、ナイジェリア・・・消費税5%

シンガポール、タイ、パナマ・・・消費税7%

スイス、リヒテンシュタイン・・・消費税8%

 

です。

日本の消費税8%や10%というのは下から数えた方が早いのです!

これは意外な結果でした。

 

むしろ消費税が高すぎる国ばかりでした!

 

 

いつから10%?15%?と言っているかもしれませんが、

世界からみてみれば、

日本も消費税20%台になる可能性は十分あるということです。

 

 

むしろ今まで低い税率だったので、今後の伸び幅しか無いということですね。

これは知らないでおくと怖い結果です。

 

 

今後の消費税は?

2019年10月より消費税が引き上げられます。

 

これは今後、

さらなる消費税増税に向けての、あくまで通過点にしかならないんだと思います。

 

 

「昔は消費税3%だったのにね~」という人がいるかもしれませんが、

 

今、この記事を読んでいる人が数年後には

「昔は消費税10%で安かったのにね~」なんて言う

会話をする時が生きているうちに来ると思われます。

 

 

人間慣れるとなんでも対応できます。

上がる前・上がった直後は「高い!」と感じますが

それに慣れてきたり、税率があがると10%も「安かった」なんて感じるものです。

 

 

 

我々の生活が苦しくなるだけとは思ってしまいますが、

国の財政も借金が年々増え続けている事実もあります。

 

 

それが今後どこまで効果が出てインパクトがあるのかは

我々には分かりにくくなっているのが問題点ではあると思いますが。。。

 

 

★サイト内おすすめ記事★

消費税が10%にならずに8%据え置きとなる軽減税率の対象とは?

 

 

対策と準備

対策と準備ということですが、

これ以上の税率が上がる前にやれることはあります。

 

たかが2%、されど2%。何かとインパクトがあります。

 

 

毎月の家計がカツカツな場合は余計なお金が使えなくなる状態にはなりますし、

給料があがらない中で消費金額だけ増えると、脅威でしかないですよね。

 

 

2%のアップとはどういうインパクトなのか、数字で表現したいと思います。

 

 

 

消費税があがったときの日常(例)

 

消費金額というとよく分かりませんが、

分かりやすく消費税がかかる場面としては、毎日の食事や日用品の購入です。

 

 

例えば、月に今まで10万円使っていたとしましょう。

これに消費税8%が含まれていたとすると、税抜き価格で約92,600円。

 

今は消費税だけで約7,400円という事ですね。

 

 

これが10%になると

同じ税抜き価格92,600円の消費でも税込み価格101,860円になります。

 

約2,000円ぐらい月の消費があがります。

買いだめをしてもこれだけ負担があがれば、家計が火の車になる方もいるのでは。

 

これが月に今20万円使っている人だと、月に約4000円の増加。

年間で100万円使っていたら約37,000円の生活負担の増加です。

 

 

これは地味に効いてきますよね。

年間37,000円増えたしてもこれを20年間続けると約74万円。

安いときに買いだめをしたとしても、相当の負担額でしょう。

 

 

この金額が大きいと感じるか小さいと感じるかは人それぞれですが、

20年間税率があがらなくてこの金額ですから、

税率があがればさらに生活負担額は増えるだけです。

 

 

 

対策はどうする?

増税が見える日本。

 

長い目で見てもどうする事はできないので

直近の生活に使えるものや消耗品は買いこんでおくぐらいしかできないですね。

 

 

特に、高価なものは消費税が上がる前と後に買うのでは

経済面の負担ももちろんですが精神的にも大きいと思います。

 

 

税率があがるのは私たち個人ではどうしようもできないので、

「事前に買いだめをする」というのが唯一の対策なのかもしれません。

 

 

 

「収入を増やす」という手段もありますが、人によっては難しい場合も多いです。

しかし、働き方改革が進む昨今。

 

そして、副業解禁の企業が多いということは、

会社でその人を養えるだけの力がないという場合もあるのです。

(もちろん、違う場合もあります)

 

 

なにか副業やら投資というのが、一般的になっていくのかもしれません。

いずれにせよ、準備をしておくことが大切ですね。

 

 

まとめ

いよいよ日本も消費税が2桁時代に突入しました。

このまま20%台までいくのも時間の問題でしょうか、今から気になりますね。

 

 

何にせよ、私たちの生活に大きな影響がでることは間違いないです。

一人一人がなんとかする方法を見出していきたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました