敏感肌2018おすすめ日焼け止めはノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)

スポンサーリンク

2018年、ゴールデンウィークがやってきました。

今年のゴールデンウイークは最大9連休。関東では前半は晴れて暑くなるようですね。

この時期に忘れてはいけないのは紫外線対策。特に5月は紫外線の量が一気にあがる月です。

そこで、今回は敏感肌のためのおすすめの日焼け止めを紹介します。

2018年話題のノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)ばかり。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

敏感肌とは

敏感肌とは、紫外線や摩擦などの【外からの刺激に対して弱いお肌】のことです。

間違ったスキンケア、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの変化、アレルギー体質

など原因は様々です。

近年はPM2.5など有害物質や様々な添加物の影響で、敏感肌やアレルギーの人が増えているという情報もあります。

また、アレルギーでなくとも急にアレルギーになる方もいるようで、【私はアレルギーじゃないから安心】という油断はできません。

(去年花粉症じゃなかったのに2018年花粉症になった…なんて方がその例です)

敏感肌の人が日焼け止めを選ぶポイント

ノンケミカルタイプを選ぶ

日焼け止めに含まれる「紫外線吸収剤」が原因で肌荒れすることがあります。

そのため、紫外線吸収剤不使用を意味する「ノンケミカル」「ケミカルフリー」「吸収剤フリー」のアイテムを選びましょう。

 SPF30/PA++程度のものを選ぶ

日焼け止めは、UVカット効果の強さを「SPF」「PA」という値で示しています。

SPFは日焼けやシミを引き起こす紫外線B波を防ぐ効果の高さ

PAはシワやたるみの原因となる紫外線A波を防ぐ効果の高さ

これらの数字が高いほど紫外線ケア効果も高くなります。しかし、SPFもPAも値が高くなるとお肌への負担も大きくなります。
通勤や通学などの日常生活であればSPF10~20 PA++程度を選ぶのがいいでしょう。

十分紫外線を防ぐ事が出来ます。

お肌への刺激が少ないアイテムを選ぶ

敏お肌への刺激が少ないアイテムを選びましょう。

合成界面活性剤、添加物、エタノール、合成着色料…といった肌荒れを起こしやすい成分がなるべく含まれていないものか、配合量が少ないものがおすすめです。

商品パッケージや容器の成分表示を一度確認してみましょう。

ノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)とは

そもそもノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)とは何でしょう。

紫外線吸収剤(ケミカル)

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、パラアミノ安息香酸などがあります。

紫外線を熱エネルギーなどの別のエネルギーに変換することで、紫外線の影響を防ぎます。

透明性が高く白浮きしない、塗り心地が良い、伸びがいい、汗で崩れにくいといったメリットがあります。

反対にデメリットとしては、紫外線のエネルギーを吸収することから、敏感なお肌の方の中にはまれに刺激を感じる方もいます。

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

酸化チタンや酸化亜鉛などがあります。

単純にお肌の上で紫外線を跳ね返す(散乱)成分なので、刺激が少ないのが特長です。

紫外線吸収剤(ケミカル)は、

紫外線のエネルギーを吸収することから、敏感肌にとって刺激になる場合があります。

それに対し、紫外線散乱剤(ノンケミカル)は、紫外線を散乱させることから、

お肌の上でエネルギーを吸収、変換するということはあまりありません。

敏感肌の方には紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日やけ止めがおすすめです。

参考サイトはこちら

紫外線吸収剤=ケミカル

紫外線吸収剤フリー=ノンケミカル

だそう。敏感肌の人は紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)を選ぶのがおすすめです。

2018年おすすめの日焼け止め

WELEDA

ナチュラルオーガニックコスメブランドと言われて一番に思いつく人が多いのではないでしょうか。そんなWELEDAから、エーデルワイス UVプロテクトを紹介します。

紫外線から肌を守りながら、しっとりみずみずしい潤いを与え、肌荒れを防ぐオーガニックの日焼け止めクリームです。肌色や肌質を問わず、一年中心地よくお使いいただけます。

https://www.weleda.jp

紫外線吸収剤、合成保存料、合成香料、鉱物油不使用。天然由来成分100%。日本人の肌に合わせて開発。

MAMA BUTTER(ママバター)

敏感な赤ちゃんと妊婦さんの肌に使えるやさしさと、 乾燥や揺らぎが気になる大人肌への浸透力・保湿力を追求して生まれたブランド、ママバターからはUVケアミルクの紹介です。

SPF25 PA++で普段使いが可能。

しっとりした塗り心地のミルク。化粧下地としても使え、肌をワントーン明るく見せることができます。UVケアだけでなく、高保湿で乾燥から守ることもできる優れもの。

シリコン・合成香料・合成着色料 ・鉱物油 ・パラベン不使用

http://www.bxe.co.jp/mamabutter/letters/letters_04/

NOV(ノブ)

臨床皮膚医学に基づいて肌に悩む人のためにスキンケアを考えるブランド、NOV(ノブ)からは、UVミルクEXを紹介します。

SPF32 PA+++で普段使いが可能。化粧下地としても使えます。ミルクタイプでのびがよく、みずみずしく軽いつけ心地の日やけ止めです。優しい処方でお湯でも落とせるので、子どもにも使う事ができます。

無香料・無着色・低刺激性・紫外線吸収剤不使用

http://noevirgroup.jp/nov/g/g57903/

Curel(キュレル)

乾燥性敏感肌の人々の悩みになんとかして応えたいという想いから生まれたブランドCurel(キュレル)からは、UVエッセンスを紹介します。

化粧下地として使用できるだけでなく、赤ちゃんの肌にも使用できるのがいいですね。

日本製というのも安心ですし、ドラッグストアで簡単に手に入るのも魅力。

無香料・無着色・アルコールフリー・アレルギーテスト済・パッチテスト済み・紫外線吸収剤不使用

http://www.kao.com/jp/curel/crl_uvessence_00.html?_ga=2.39731940.6308594.1521113813-2039663106.1521113813

日焼け止めの使い方、あってる?

せっかくノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)のブランドと商品を選んでも、ちゃんとした紫外線対策ができていなければもったいないこと。

ここで日焼け止めの塗り方を紹介します。

塗る量は規定量を

たくさん塗ればいいということではありません。

製品に書いてある規定量を塗ることが大切です。

塗り忘れしやすい部分に気を付けて

耳、肩、首のうしろ、あご、肩は塗り忘れしやすい部分です。こちらも忘れずに日やけ止めを塗るようにしましょう。

重ね塗りが必要な部分もある

鼻、あごなど紫外線が直接当たりやすい部分を中心に重ねて塗りましょう。

日焼け止めはこまめに塗りなおす

汗をかいたときなどは、2~3時間ごとに上から軽く重ね塗りしましょう。

図は、日やけ止めが落ちやすい部分を示しています。塗り直しをする際、この落ちやすい部分を中心に行うとよいでしょう。

http://noevirgroup.jp/nov/pages/sunscreen_02.aspx

日焼けしやすい部分は重ね塗りをする

海水浴やプール(水遊び)などで日中肌を露出するときは、普段よりも多めに塗りましょう。

まとめ

敏感肌の人にとって日焼け止めの成分はとっても大切。だからこそいいものを選びたいですね。

そして、正しく日焼け止めを使うからこそ、しっかりと肌を守ることができます。

2018年はおすすめを参考にぜひ自分にあったノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)の日焼け止めを見つけ、そして日焼け止めをしっかり塗って、素敵な時間を過ごしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする