還付金は2018年いつ振り込まれる?確定申告の時期によって変わる

スポンサーリンク

2018年の今年も確定申告の季節になりました。

会社員だと関係ない方も多いかもしれませんが、

副業をし始めた方や

特に2018年は仮想通貨で大当たりしちゃった人など

確定申告の必要性が出てきた人が

増えてきているのではないでしょうか。

今回は確定申告後のお楽しみ要素の一つでもある

還付金が振り込まれる時期はいつ?

ということで記事を書いていきたいと思います。

あわせてこちらも御覧ください。

引越ししたら税務署の住所変更も忘れずに。

セルフメディケーション税制と医療費控除の違いについて

スポンサーリンク

還付金はいつ振り込まれるの?

確定申告をすると

収入金額に対して所得金額というものが割り出されます。

そこで支払いが必要な税金を清算して支払う・・・!

というのが大きな目的のひとつでもあるのですが、

逆もありきで税金を払いすぎているので

所得税を払うどころか一部が返ってくる・・・!

というパターンも存在します。

そんな私も毎年確定申告をしている一人なので、

還付金はいただけています。

そんな還付金が2018年は振り込まれるのはいつなんでしょうか?

その年の税務署の混雑状況や管轄などによって

異なるとは思いますが一般的な目安としては次の通りです。

還付金が振り込まれる時期(目安)

申請時期 振り込まれる時期
2月中旬

(受付開始直後)

3月下旬

(約1か月後)

3月上旬 4月中旬

(約1か月半後)

3月中旬

(期限ぎりぎり)

5月中旬

(約2か月後)

※あくまでも目安です。

※混雑状況・管轄する税務署によって異なります

人間というのは、

期限があれば

・早めに済ます人

・中間ぐらいに終わらせる人

・ぎりぎりになる人

と、上から少なく下は多くなります。

ちょうど夏休みの宿題と同じ感覚だと思います。

なので、税務署の方も到着順に処理をしているはずなので、

申請が少ない時期の方が早めに完了し、

逆に申請が多い時期の分は終了が遅くなります。

すごく自然な法則ですね。

なので、申請受付の開始直後だと1か月後ほどとなりますが、

申請受付のぎりぎりの申請すると2か月ほどかかってしまうようです。

なので、急ぎでない場合は普通に自分のタイミングで

確定申告を済ませれば良いのですが

何らかの事情で早めに還付金が欲しい場合は

申請受付直後に確定申告をすると

還付金が早めに手に入るようです。

以上が確定申告による還付金の時期の目安になります。

年末調整をしている人の還付金

確定申告の還付金がいつなのかは紹介させていただきましたが、

還付金というのは他にもあります。

それは年末調整をしている方です。

給与所得だけでは控除されるべきものが

されない場合があります。

いくつかパターンがあるのですが、

そもそも還付金をもらうのに必要な作業が

「還付申告」というものになります。

前述の確定申告をすると同時に還付申告をすることになるので、

確定申告をしたかたは還付申告は不要です。

では年末調整をした方はどうでしょうか?

実は還付対象だったにも関わらず申請をしなかったばっかりに

還付金がもらえてない場合があります。

そんな方も焦らずに

「申告年の翌1月から5年にわたって申請可能」なので

そこまでであれば申請可能です。

そして、還付申告は1年通していつでも可能です。

確定申告の時期はいつ?など気にせずに還付申告できます。

また、医療費を大量に使った方も

年末調整では控除しきれてない部分があり、

その分を確定申告することで還付金が戻ってきた

なんて事も普通によくある話です。

まずはご自身が還付対象かどうか確認するところから始めてみてください。

年末調整・確定申告でも

払いすぎた源泉徴収額の回収が多いと思います。

源泉徴収とは

収入額だけで判断する「給与から先行して支払った税金」

という位置づけになります。

なので、結果的に

「多く払ってしまっていた」

「もっと払う必要があった」

っていう為の確定申告・年末調整・還付金というものになります。

色々と話題が多い還付金ですが、

一方でそこにつけ込む「還付金詐欺」なんて事もよく耳にしますが、

還付金をもらうためにこちらがお金を払うような事は無いので、

何かおかしいなと思ったら税務署や警察に相談するのが最善です。

なかなか還付金が振り込まれない方

2017年は仮想通貨が流行りものになった関係もあり、

今年、初めて確定申告をしたぞー!という方も

過去に例を見ないぐらい多かった年かもしれません。

そんな人がこぞって申請するものですから

税務署も例年よりも四苦八苦!?そんな事も想像できる訳ですから

例年以上に時間がかかっているだけなのかもしれません。

どうしても不安であれば

管轄の税務署の方に電話で問い合わせしてみたりして、

状況を聞いてみてもいいかもしれません。

「もう少し時間がかかりそうです」なら良いですけど、

「受理された形跡がありません」とかだと、かなりヤバいですが。

あとは、稀にあるパターンらしいのですが

実際に口座には振り込まれずに郵便為替が届くこともあるそうです。

こうなると

・指定の郵便局

・窓口が空いている時間

に受取に行く必要があり、会社員の方だとそれだけでも調整が

ひと苦労しそうな事にもなるそうです。

これは本当に稀にあることらしく、

振込希望の口座番号を申告書類に記載しているにも関わらず、

郵便為替が届いた、なんてこともあるそうです。

なので、口座への振り込みを待っているだけと思っていた方も

実は郵便受けや過去に届いてた書類に

もしかしたら郵便為替が紛れ込んでいるやもしれません。

心当たりがあれば一度、そちらも確認してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2018年還付金の振り込まれる時期はいつ?

という内容で紹介させていただきました。

何事も計画性を持って早め早めに行動するのが良いという事ですね。

2018年もぎりぎりになってしまう私も来年はもう少し頑張ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする