仮想(バーチャル)チョコ送り方は?TwitterやSNSで話題!

スポンサーリンク

2019年、もうすぐバレンタインですね。

毎年話題が豊富なバレンタイン、

仮想チョコ(バーチャルチョコ)というものがあるのを知っていますか?

TwitterやSNSで密かに話題なんです。

今回は、

仮想(バーチャル)チョコ送り方は?TwitterやSNSで話題!

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

仮想(バーチャル)チョコって何?

TwitterやSNSで密かに話題となっている、仮想(バーチャル)チョコ。

まずは仮想(バーチャル)チョコが何かみてみましょう。

https://valentine-post.com/pc/

仮想(バーチャル)チョコとは、

キットカット(バレンタインポスト)のサービスです。

友達や有名人にバーチャルチョコを送ることが出来ます。

SNSが普及している今だからこそ楽しむことができるサービスです。

ちゃんとメリットがある。

そんなサービスどうするの?

と思う方もいるかもしれませんが、ちゃんとメリットもあるのです。

TwitterなどのSNSが普及した今だからこそのメリットをみてみましょう。

遠くの人に送ることができる

離れて暮らす彼氏・友達など、

バレンタイン当日に会うことが難しい、わざわざ直接渡すほどでもない…

という場合もありますよね。

そういった時にバーチャルで気軽に送ることが出来る仮想チョコは便利。

話のタネとして友達に送ってみてはいかがでしょうか?

気軽に送ることができる

仮想チョコならフランクな感じで送れるのも魅力。

彼との距離を縮める手段として使ってみてはいかがでしょうか。

メッセージも合わせて送ることが出来るので、

気持ちを伝えるチャンスでもありますよ。

こんな感じで穴埋めを楽しむこともできます。

本物のチョコがもらえるかも

特定の条件をクリアすると、

お店で商品と交換できる「チョコ引換券」がもらえます。

チョコ引換券はキットカットの店頭で使うことが出来るので、

バーチャルではない本物のチョコを手に入れることが出来るんです。

やはり、チョコがもらえるとなると嬉しいですね。

なかなか出ないこともあるようです。

みんなの協力が必要ですね。

送り方

そんな仮想(バーチャル)チョコの送り方をみてみましょう。

送り方は簡単。

Twitter・Facebook・LINEのいずれかのアカウントがあればログイン可能。

スマホからじゃないとログイン出来ないようですので注意が必要です。

送り方1

送り方2

送り方3

送り方4

お店でチョコをもらう条件は先着順な上、

割とハードルが高いもののような気がします。

ただ、先ほど書いたようにゲーム感覚で楽しむことができるのも魅力です。

まとめ

SNSが普及している今だからこそ、楽しめるバレンタインの形。

話題の仮想チョコで、2019年のバレンタインを楽しんでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする