スポンサーリンク

バレンタイン2019和菓子レシピ!簡単失敗しないコツやポイントは

2019年のバレンタインはチョコ以外がいい。

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、

バレンタイン2019和菓子レシピ!簡単失敗しないコツやポイントは

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

 

★こちらもおすすめ★

バレンタイン2019簡単手作りキット。失敗なしのおすすめは

バレンタイン2019!ブランドチョコおすすめは?人気お取り寄せも。

バレンタイン子どもに人気のキット2019!簡単ギフトにもおすすめ

バレンタイン2019こども向けレシピ!簡単失敗なしのおすすめ

バレンタイン2019!和菓子おすすめブランドランキング。取り寄せも。

バレンタイン2019クッキー失敗なしレシピ!簡単手作りおすすめ

 

バレンタイン2019和菓子のレシピ集

和菓子屋さんのどやらき

参考サイト

和菓子といえば、どら焼き。

そんなどら焼きのレシピを紹介します。

 

このレシピはCOOKPADでつくれぽ600件越えの実力レシピ。

工程は簡単、そしてお店の味です。

手作りのどら焼きが食べれるなんて、びっくりですよね。

 

そんなどらやき、

出来立てのあたたかい状態でも、冷めた状態でも、どちらもおいしいのが魅力。

ぜひプレゼントしてみては。

 

 

いちご大福

参考サイト

 

みんな大好きイチゴの和菓子といえば、イチゴ大福。

こちらもつくれぽ200件越えの実力レシピ。

 

和菓子といえば準備が大変なイメージがありますが、

このイチゴ大福は電子レンジでできてしまいます。

 

簡単かつ美味しいレシピ。うれしいですね。

職場でちょっとつまんだりする場合は、少し小さめが嬉しいもの。

いちご4分の1サイズのミニいちご大福にすると、食べやすいですよ。

 

 

おうちで八つ橋。

参考サイト

京都に行ったら買いたくなる、そんな八つ橋。

実は家でつくることができるのです。

 

こちらもつくれぽ100件以上の実力レシピ。

あんこを包むぶん少し工程は多めですが、簡単にできます。

 

まさか自家製の八つ橋!と相手が驚くこと間違いなし。

インパクトも話題性も抜群の手作り八つ橋はどうでしょうか。

 

 

芋ようかん

参考サイト

芋ようかんと言えば、舟和が有名ですね。

そんな芋ようかんが自宅で作れちゃうんです。

 

こちらもつくれぽ400件以上の実力レシピ。

しかも、

レシピ考案者の旦那さんは舟和でバイトをしていて、旦那さん納得の味だとか。

おいしさに説得力があります。

 

 

作り方はとっても簡単。

上品な甘さが際立つ芋ようかん。形を変えてもおしゃれですね。

 

 

 

黒糖まんじゅう

参考サイト

老若男女問わず好きな味、黒糖まんじゅう。

ツルツルの見た目が愛くるしいですね。

 

こちらも、つくれぽ500件以上の実力レシピです。

材料も作り方もシンプルで簡単。

 

年齢問わず好かれる味は、職場にピッタリです。

 

 

失敗しないコツやポイントは?

そんなお菓子ですが、

失敗しないよう作るにはコツやポイントがあるのです。

失敗しないコツやポイントをみてみましょう。

 

 

温度や時間、火加減は守る

当たり前と思っている方も多いと思いますが、

 

実は一番失敗するポイントでもあるのです。

 

特に、

電子レンジやIHは種類によって温まり方が違うため、

すぐに指定の温度よりも高温になってしまうことがあります。

 

電子レンジやIHを使うときほど慎重に、温度管理をしましょう。

 

 

生地を冷凍庫で冷やしてから焼く

参考サイト

お菓子作りで子どもと一緒に作りやすいクッキー。

そんなクッキーですが、

焼きあがると形が崩れていることはありませんか?

 

そんな方のために失敗しないのクッキー作りポイントを紹介します。

 

 

生地内のバターが冷たければ、形が崩れる前に焼き固まるので、

シャープな輪郭をキープしやすくなります。

 

常温のままの生地をオーブンに入れるよりも、冷凍して冷やした生地の方が

バターが溶けて生地がだれるタイミングを遅らせることができます。

 

せっかく形を整えて作ったのに焼きあがったら何か違う・・・

この工程でもうそんな失敗しないですね。

 

 

生地の混ぜ方、コツ

生地は色んな混ぜ方があります。

 

さっくりと混ぜる

軽い生地で粉を混ぜる場合です。

ボウルの底から全体を合わせるように混ぜます。

 

よく混ぜる
クリームチーズやバターを混ぜる場合です。

空気を含ませながら、泡立て器をボウルに打ち付けるようにして混ぜます。

 

切るように混ぜる

クッキー生地などで粉類を混ぜる場合、ゴムべらで生地を切るように混ぜます。

 

 

チョコの刻み方

水気のない乾いたまな板の上で

なるべく細かく大きさを揃えてカットします。

 

大きさを揃えて細かくカットしないと、

湯せんの際に溶け方が均一にならずダマになりやすかったり、

火が通るまでに時間がかかって風味がとんだりしてしまいます。

 

 

チョコの湯せん、コツ。

チョコレートを湯せんするときは、

絶対に沸騰したお湯でしてはいけません。

 

チョコレートに熱が入りすぎ、風味がとんでしまいます。

約50~55℃のお湯を使いましょう。

 

チョコレートを入れるボウルは、

水気、油分などのついていないきれいなボウルを使いましょう。

 

ボウルに水が残っていたり、湯せんの途中でボウルに水が入ると、

ほかの材料を加えたときに分離したり、

チョコレートを固めるときにムラになったりします。

 

 

生クリーム泡立ての目安。

生クリームの泡立てで、仕上がりに差が出ます。

そのお菓子に合った泡立ても失敗しないポイントです。

 

六分立て

生クリームを泡立て器ですくったときに、跡がすぐに消えてしまう状態。

 

八分立て

ぴょんと角が立ってから曲がってしまう状態。

 

九分立て

角が立ったまま曲がらず、しっかり立っている状態。

 

 

バレンタイン豆知識

そんなバレンタインの豆知識を紹介します。

 

バレンタインデーは2月14日に祝われ、

世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。

 

269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌスに由来する記念日だと、

主に西方教会の広がる地域において伝えられていました。

 

 

日本では1958年頃流行し始め、独自の文化を築いています。

 

「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」

というのは、1970年頃成立した、日本型バレンタインデーなんです。

 

今が2019年ですから、約60年の間に発展しました。

 

ちなみに、

神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と言われていることを知っていますか?

 

日本チョコレート・ココア協会によると、

1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリア・テルニ市から神戸市に愛の像が送られています。

理由は、神戸が日本のバレンタインデー発祥の地と分かったからとのこと。

 

今のバレンタイン文化は、日本独自の発展を遂げたものだったのですね。

 

 

まとめ

2019年は和菓子で相手をおもてなし。

作り方も簡単で、相手も自分もうれしいですね。

 

和菓子はハードルが高いイメージがありますが、実は簡単に作ることができます。

そんな和菓子に挑戦する、相手へのおもてなしのバレンタイン。

 

2019年はそんな素敵な和菓子のバレンタインにしてみてはどうでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました