寂光院2018桜開花や満開はいつ?赤ちゃんや子連れは?トイレは?

スポンサーリンク

2018年、桜が見頃の季節を迎えました。

2018年は例年より暖かく、桜の開花や満開を迎えたところも多いようです。

3月31日・4月1日の土日で満開となったところもあれば、葉桜となったところも。

そこで気になるのは、まだお花見できるの?というところ。

今回は京都の観光名所、寂光院の桜について紹介します。

2018年桜の開花や満開の時期はいつ?

赤ちゃんや子連れは?

トイレ情報は?

に絞ってお伝えします。

スポンサーリンク

寂光院情報

住所:京都市左京区大原草生町676

電話:075-744-3341

拝観時間:9:00~17:00(12~2月は16:30、1/1~3は16:00)

拝観料:600円

アクセス:京都バス「大原」下車徒歩約15分

桜の開花と満開はいつ?

桜開花予想:2018年4月1日
桜満開予想:2018年4月8日

2018年4月7日現在では、入口の椿が満開、宝物殿前のヤマブキも開花、桜も咲き先始めたようです。もうそろそろ見頃という頃でしょうか。

寂光院の見どころ

『平家物語』ゆかりの地として知られる尼寺。

京都市街より遅れて見頃を迎える、桜の穴場です。しだれ桜や八重桜が咲くなかでも注目なのが、遅咲きの「みぎわの桜」。後白河法皇が詠まれた和歌にちなんだ名木です。見頃を過ぎると儚く池に舞い散る姿が、風流です。

http://souda-kyoto.jp/travel/sakura/index.html?id=0000417

混雑状況やトイレは?

まずは混雑状況からみてみましょう。

寂光院は京都の中で言わずと知れた名所です。そのため、混雑が予想されます。

ただ、桜の満開の時期が京都の中心街とずれることや、ゴールデンウイークの前に開花することから、4月のはじめごろと比べると、混雑は少し解消されるかもしれません。

しかし、駅や最寄りのバス停からも遠く歩く距離が長いので、子どもは着いたころには疲れた…という可能性も十分にあります。

次に、最寄のバス停です。

・大原(京都市左京区)

寂光院まで約1.2km   徒歩で約16分

 ・大原学校前

寂光院まで約1.2km   徒歩で約16分

・野村(京都市)

寂光院まで約1.5km   徒歩で約18分

最寄といっても、1キロ以上歩くところがほどんどです。

トイレの場所

・大原寂光院駐車場内(だれでもトイレあり)

実は寂光院はとてもトイレが少ないのです。

京都駅から移動にも少し時間がかかります。京都駅はショッピングモールもあり、また駅内にもトイレがあるので、子連れの方は電車を利用する方は京都駅でトイレを済ませてから移動するのがベストです。

京都駅内はJR、近鉄戦共に改札を出る前にトイレがあるので安心してトイレに行くことができます。

機嫌が変わりやすい赤ちゃんや子ども。赤ちゃんや子連れでに行く場合は気分転換ができるおもちゃを多めにもっていくのも1つの対策ですね。

人が多い分、子連れの方は常に子どもや赤ちゃんから目を離さないことも大切です。

もし移動が長くなるようならば、いつでもトイレができるよう携帯トイレがあると安心かもしれません。携帯トイレはドラッグストアで簡単に手に入ります。旅行を機に購入を考えてみるのもいいのかもしれませんね。

オムツが外れたお子さんでも、トイレに行けない事態となれば大変。

予備の着替えを多めに持っていくことも大切です。

まとめ

京都の言わずと知れた桜の名所、寂光院。せっかくお花見にきたのですから、最高のお花見にしたいですね。桜がいつ開花や満開を迎えるかだけでなく、赤ちゃんや子連れの方にとってトイレは大切な情報。

2018年最高のお花見にするにも、情報をしっかりとチェックしてお花見にいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする