五稜郭公園2018桜開花いつ?場所取りは何時から?

スポンサーリンク

2018年、桜の季節となりました。

東京や関西では桜が満開のところも多いですね。

そこで今回は北海道の桜情報をお届けします。

日本屈指の観光スポットの多い北海道。今回は、

五稜郭公園の2018年桜の開花はいつ?場所取りの時間は何時から?

に絞ってお伝えします。

スポンサーリンク

五稜郭公園情報

五稜郭公園

住所:北海道函館市五稜郭町44

問い合わせ:0138-31-5505(五稜郭公園管理事務所)もしくは0138‐40-3605

開園時間:5~19時(4~10月)5~18時(11~3月)

料金:無料(有料施設あり)

アクセス:市電 「五稜郭公園前」電停 下車 徒歩15分

五稜郭公園とは?

星型城郭「五稜郭跡」は国の特別史跡に指定されている。

戊辰戦争最後の戦い、箱館戦争の舞台となった。春は桜の名所、冬は堀がライトアップされる。復元された箱館奉行所も見もの。

五稜郭公園の桜、おすすめの場所

現在では約1600本が花を咲かせています。

公園の管理者によると、正面から入園して一の橋を渡り切った右手の土手にあるサクラが、周囲に日を遮るものがないためか、特に見栄えがするとか。

また、散り際には堀の水面が花びらで覆い尽くされる「花筏(はないかだ)」も見られ、開花時とはひと味違った趣を楽しめます。

大型連休前後には花見に集う市民であふれ、賑やかです。なお、函館のサクラの開花状況は、裏門の橋付近の標本木(ソメイヨシノ)で観測されます。

https://www.hakobura.jp/db/db-fun/2011/04/post-68.html

開花予想。お花見にベストな日はいつ?

北海道の開花はいつでしょうか。予想をみてみましょう。

tenki.jpによると

桜前線は、4月上旬から中旬にかけて東北北部まで北上するでしょう。

4月下旬には桜前線が津軽海峡を越え、北海道の函館や札幌でも開花する見込みです。

5月15日頃に北海道東部に到着するでしょう。

とのことです。(3月28日発表の桜前線より)

見ごろは4月下旬ごろということでしょうか。桜前線をみてみると、4月20日に津軽海峡を越え、25日には函館市付近に桜前線がかかっています。

4月20日前後に桜が開花する可能性が高いということですね。

場所取りは何時から?いつから?

五稜郭公園、気になる場所取りは何時から可能でしょうか。

五稜郭公園は敷地が広いです。

関東屈指の花見スポットである上野恩賜公園のように朝早くから場所取り…のように、そこまで場所取りに必死になる必要はないようです。

しかし、開花時期がゴールデンウイークと重なるため、混雑する可能性はあるでしょう。

2018年のゴールデンウイークは、

2018年4月28~30日の3日間

2018年5月5日~6日の4日間

と、平日を2日挟みます。

しかし、平日2日に休暇をとれば、最大9連休です。

3日間あれば北海道旅行は可能なので、何時からというよりも全体的に混雑が予想されます。

いつが混雑するかも大切ですが、駐車場の台数は限られているので、車で行く方は余裕をもって行くのがよさそうですね。

車でのアクセスですが、五稜郭公園自体には駐車場が無いので、周辺の駐車場を利用する事となります。駐車場ですが、

公式サイトで発表されている駐車場

  • 函館芸術ホール 215台
  • 函館市五稜郭観光駐車場 97台

他に比較的多い台数の周辺駐車場

  • 丸井今井第1立体駐車場 172台
  • 丸井今井第2立体駐車場 142台

などがあります。

ナビがあるとはいれ、慣れない道のり。

何時から入るためにと場所取りに焦るのは事故の元ですので、余裕をもって行動しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

北海道屈指の桜の名所、五稜郭公園。

ゴールデンウイークと開花予測が重なり、更に混雑が予想されます。

良い場所でゆっくりとお花見ができるよう、しっかりと情報をチェックして、2018年最高の花見にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする