今年の花粉はいつまで飛ぶ?続く?2019年対策や飛散量どれくらい?

スポンサーリンク

2019年春。

もう4月も終わりとはいえ、まだ花粉の時期は続いています。

そこで気になるのは花粉情報。そして対策。

花粉症でない方も、2019年デビューするかもしれません。

今回は、

今年の花粉はいつまで飛ぶ?続く?2019年対策や飛散量どれくらい?

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

★サイト内おすすめ記事★

アレグラ2019年CM女の子や子役は誰?名前は?歴代出演者もかわいい

→こちら

2019年の花粉情報

そんな2019年の花粉についてみてみましょう。

・3月は各地でスギ花粉飛散のピーク

・東京は多く飛ぶ期間が長い

・花粉の飛散量は例年より多いが、広い範囲で前シーズン並みか少ない

・2月中旬に、九州、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンスタート

ということが今年のポイントです。

ピークは過ぎたようですが、天気予報を見てみるとまだまだ飛散量は多いようです。

(参考サイト)

スギ花粉はいつまで?

今年のスギ花粉はいつまで飛ぶ、続くのでしょうか。

スギ花粉のピークは、

福岡では2月下旬から3月上旬、

広島・大阪では3月上旬、

高松・名古屋では3月上旬から中旬

と予測されるようです。

東京のピークは3月上旬から4月上旬となり、多く飛ぶ期間が長いとのこと。

金沢と仙台では3月中旬から下旬にピークを迎える見込みです。

ヒノキ花粉はいつまで?

今年のヒノキ花粉はいつまで飛ぶ、続くのでしょうか。

スギ花粉のピークが終わる頃になるとヒノキ花粉が飛び始め、

その後ピークが始まります。

福岡では3月下旬から4月上旬

広島・大阪では4月上旬

高松・名古屋・東京では4月上旬から中旬

との予想がでているようです。

金沢と仙台では4月を中心にヒノキ花粉が飛散する見込みだそう。

参考サイトより引用

つまり、

スギ花粉はいつまで飛ぶか・続くかというと、

ヒノキ花粉が出始める季節まで(3月下旬から4月初旬まで)

ヒノキ花粉はいつまで飛ぶか・続くかというと、

地域によってピークはないものの、4月中旬までが多い

ということです。

★サイト内おすすめ記事★

今年はいつから花粉飛ぶの?2019年対策やスギ・ヒノキ飛散量はどれくらい?

→こちら

今年の花粉飛散量はどれくらい?

2019年の花粉飛散量はどれくらいでしょうか。

例年・前年と両方からみても、

地域によってばらつきはありますが2019年は花粉が多いようです。

早めの対策が肝心ですね。

色が濃いほど、飛散量が多いということ。

日本がオレンジに染まっています。

そして、前年のシーズン比と比べても、鮮やかな日本地図になっています。

(引用サイト:同上)

花粉対策は何をする?

花粉のピークや飛散量、いつまでか、どれくらいかをチェックしても、

対策をしなければ花粉症の人は大変ですよね。

そして、

まだ花粉症でない方も2019年は発症する可能性もあります。

(ちなみに筆者の夫は昨年初めて花粉症になりました)

花粉症でない方が初めて花粉症になったとき、

自分は花粉症じゃない、風邪だと主張する人が多いように感じます。

しかし、

花粉症はアレルギーで早め早めの対策が肝心。

そして、春という季節は新しい出会いと環境に入る季節。

つまり、ストレスや疲れがたまりやすいのです。

そんな中、

鼻水やくしゃみで眠れないのはかなり辛いもの。

早めの対策をおすすめします。

花粉症情報をしっかりチェック

まずは基本中の基本、花粉情報のチェックです。

花粉情報の要注意日として、

1:天気が晴れまたは曇り

2:最高気温が高い

3:湿度が低い

4:やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき

5:前日が雨

前日または当日の未明まで雨で、その後天気が急に回復して晴れ、

南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となる。

(日本気象協会より)

だそうです。

今は簡単に情報が手に入る時代ですので、

スマートフォンなどのアプリで情報収集するのもいいでじょう。

外出を控える

花粉が飛んでいるところに行かないのが一番の対策です。

家で楽しむ趣味や、忙しい方はゆっくり過ごしてもいいのでは。

外出時には完全防備

マスク、サングラス、帽子などで防ぐ他、

花粉が付きにくい生地を選びましょう。

少し寒い日にマフラーをすると、花粉がついて大変です。

マフラー以外の小物で調整するのがおすすめ。

玄関で花粉を払い落とす

窓やドアを閉める花粉を家に入れないことが大切。

まずは玄関でしっかりと花粉を落としましょう。

体内に入らないように

玄関でしっかり落としたら、今度は体のケア。

洗顔やうがいでしっかりと落としましょう。

風邪やインフルエンザ予防にもなり、一石二鳥です。

こまめに掃除をする

家の中に入ってきた花粉をため込まない工夫も大切です。

掃除をすることで入ってきた花粉を追い出しましょう。

花粉症はアレルギー性疾患。つまり、

ホコリなどのハウスダストなどのアレルゲンにも体が反応する場合があります。

部屋を綺麗にすることは、他のアレルギー対策にもなるのです。

空気清浄機の活用

どんなに対策をしても、花粉は入ってきます。

そういうときは空気清浄機を活用しましょう。

今はエアコンに空気清浄機の機能を搭載したものもありますので、

家庭の用途に合わせて機械を選んでみては。

布団や洗濯物、どうしても外に干したい!

花粉対策とはいっても、

太陽の光にあてた洗濯物の匂いやカラッとした洗濯物がいい人もいますよね。

そんなときは、

洗濯物を取り入れたあとにしっかりと掃除機をかけましょう。

掃除機はちょっと・・・

という方は、布団用クリーナーもおすすめです。

体を休めるための布団ですから、

花粉が残っていたら夜中に鼻水やくしゃみが止まらない場合もあります。

しっかりと休むためにも、

薬や他の対策も使用することを検討するのがいいのかもしれません。

まとめ

今年は飛散量が多い予想の花粉。

花粉症ではない人も、もしかしたら発症するかもしれません。

はやめの対策で、2019年の春を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする