スポンサーリンク

スギ花粉いつまで?2018年ピークや飛散量は?対策は?

2018年もやってきました。

花粉の時期が。

温かくなり過ごしやすいのですが、花粉症の人は大変ですよね。

 

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ。

毎年悩まされる人、新たに花粉症になった人。

 

みんな気になるのは、

2018年の花粉はいつまで飛ぶのか?

飛散量はどれくらい?

ということ。

 

そんな悩みにお答えすべく、

今回はスギ花粉に絞ってお伝えします。

2018年のピーク予想や飛散量、対策も紹介しますね。

 

★コチラの記事もおススメ★

大阪の黄砂とPM2.5の予測

東京の黄砂はいつから?

東京の花粉情報と対策は?

 

スポンサーリンク

2018年スギ花粉の量は?

 

2018年の飛散状況です。

(この記事の参考サイトはこちら

2018年は2月がとても寒く大雪に見舞われましたね。

その影響で、

多くの地域で花粉の飛散時期が例年より遅れているそうです。

 

しかし、寒い地域代表である

北海道は例年通り4月下旬の飛散開始だそう。

 

参考サイトによると、

3月15日までには北海道以外の地域で飛散開始しているとのことです。

 

スギ花粉ピークは?いつまで?飛散量?

 

スギ花粉のピークはいつでしょうか。

都市別にみてみましょう。

 

東京:3月上旬~4月上旬

仙台:3月中旬~3月下旬

名古屋:3月中旬~3月中旬

金沢:3月中旬~3月下旬

 

大阪:3月上旬~3月中旬

広島:3月初旬~3月中旬

高松:3月初旬~3月中旬

福岡:2月下旬~3月初旬

 

だそうです。

現在の予測なので、実際は少し差があるかもしれません。

 

 

では、飛散量をみてみましょう。

前シーズンから比較したものを参考にします。

 

東北:非常に多い

関東甲信・四国:多い

北陸・近畿・東海:多い

そのほか:平年並みもしくは少なめ

 

だそうです。

 

スギ花粉はいつまで飛ぶのでしょう。

いつまで飛ぶかどうかを調べましたが明確に記載されている記事はありませんでした。

 

調べた結果からみると、

ピークが過ぎるころが終わりのような書き方をしているサイトや記事が多いようです。

また、スギのピークが終わるとスギ花粉がでてくるようです。

 

各サイトや各記事はあくまで予測で記載されていました。

実際はピーク時期が長くなったり、短くなる可能性もあります。

 

花粉症患者として、短くなってほしいものです。

 

 

 

スギ花粉対策は何をする?

 

花粉のピークや飛散量、いつまでかをチェックしても、

対策をしなければ花粉症の人は大変ですよね。

 

そこで、花粉症の対策をまとめました。

外出時・帰宅時・部屋で過ごすときなどシーン毎にありますので、参考にしてみては。

 

 

花粉症情報をしっかりチェックする

 

花粉情報の要注意日

1:天気が晴れまたは曇り

2:最高気温が高い

3:湿度が低い

4:やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき

5:前日が雨

前日または当日の未明まで雨で、その後天気が急に回復して晴れ、南風が吹いて気温が高くなる日が要注意日となる。(日本気象協会より)

 

だそうです。

今は簡単に情報が手に入る時代ですので、

スマートフォンなどのアプリで情報収集するのもいいでじょう。

 

外出を控える

花粉が飛んでいるところに行かないのが一番の対策です。

 

外出時には完全防備で出かける

マスク、サングラス、帽子などで防ぐ他、

花粉が付きにくい生地を選びましょう。

 

帰宅後は玄関で花粉を払い落とす

洗顔やうがいをして体内に入らないようにする

窓やドアを閉める

花粉を家に入れないことが大切です。

玄関で顔や粘膜についた花粉を落とすことはできないので、洗顔やうがいでしっかりと落としましょう。

 

こまめに掃除をする

空気清浄機を活用する

家の中に入ってきた花粉をため込まない工夫も大切です。

布団をどうしても干したい!という方は、

花粉をはたいて掃除機でしっかりと取るといいでしょう。

http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/measure/

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

ピーク時期やいつまで飛ぶか、飛散量を知ることで日々対策ができますね。

おでかけの予定も立てやすくなします。

 

スギ花粉の人もそうでない人も、

対策を身に着けて2018年快適に過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました