スポンサーリンク

映画Winny公開日はいつ?キャストは?

Winnyというものをご存知でしょうか?

2000年代に日本でも結構流行り、

周りで利用していた人も多かったのではないでしょうか?

そんな世間を賑わせたWinnyが映画化することが決まり、

今回は

映画Winny公開日はいつ?キャストは?

というテーマでお送りさせていただきます。

スポンサーリンク

Winnyとは?

そもそもWinnyとは何かご存知無い方もいらっしゃると思います。

元々は製作者である金子勇氏が開発されたものです。

2002年頃にはNapsterやファイルローグと言ったP2P型ファイル共有ソフトが存在していましたが、それらはファイル情報やノード情報を管理する中央サーバが必要なものでした。

→私たちがパソコンを使ってインターネットなどをする際には、分かりやすくどこかのサーバに繋いでいるイメージがあると思います。中央で管理や把握している機器のことをサーバというので、何か通信やデータのやりとりと言えばサーバありきのものが一般的になります。

 

そして、ファイル共有ソフトを用いて不正なファイルがやりとりされることで、中央サーバを管理している方々がたびたび著作権法違反で摘発されるという事件が起きていました。

→実際には不正なファイルをアップロードする人がいて、それをダウンロードする人がいても、「真ん中で管理している人たちが悪い」と裁かれていたということです。本来は不正ファイルをやりとりさせる目的が無いにも関わらず、モラルの無い利用者たちのせいでファイルの製作者たちやサーバ管理者が裁かれるという事態になっていたのです。

 

そういった時代背景もあり、金子勇氏は中央サーバを必要としない形のP2PソフトWinnyを完成させたのです。

 

名称についても、当時日本で広く使われていたファイル共有ソフトWinMXの後ろ二文字をそれぞれM→N、X→YとしてWinnyと命名しました。

完成したのは良いものの、結果としてファイル共有ソフトとして相変わらず違法なファイルのやりとりの媒介とされてしまいました。

 

国内の利用者数も50万人を超えたと言われており、何の罪の意識も無い人が「差新曲が無料でダウンロードできる」なんて勘違いして利用していたぐらい、お手軽かつ汎用性の高いものとなっていました。

 

本来は中央サーバを持たずにファイルのやりとりをする目的で作られたものでしたが、悪意ある利用者によってどちらかというと「著作権問題を大きく揺るがす存在」として認識されていく事となりました。

2003年にはWinny利用者が逮捕される事件が起き、2004年には開発者である金子勇氏も逮捕、起訴される事態となりました。

 

その後、2011年に金子勇氏の無罪が確定したものの、金子勇氏は急性心筋梗塞により2013年に死去されてしまいました。

 

 

映画Winny

そんな世間を色々と騒がせたWinnyですが、

今回はそんなWinnyが映画化します!

 

気になる中身ですが、映画監督アキラという人物の父親がかつてのWinny作成者である金子勇氏を逮捕した刑事だと知ります。

親友や協力者とともに事件の全貌を追いながら映画「Winny」を作ろうとする姿が描かれる!

というもののようです。

現状では詳しい内容はわかりませんが、概要としてはこのようなものらしいです。

 

 

公開日はいつ?キャストは?

映画ということで気になるのは公開日やキャストですよね。

現状で判明している限りは、

映画監督のアキラ役に三浦貴大、

親友役の渡辺に阿部進之介が決まっています。

 

公開日についてですが、

2019年末に撮影が行われ2020年春頃の公開ということです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画Winny公開日はいつ?キャストは?

についてお送りさせていただきました。

 

割と話題になったWinnyを題材にした映画ということで

世代の方は気になるのではないでしょうか?

公開日やキャストはこれから具体的に決まっていくと思うので、

今後の続報をチェックです!

 

タイトルとURLをコピーしました