iPhoneバッテリー交換の値下げ決定!速度制限の謝罪や改善も

スポンサーリンク

速度制限の対応機種や実態についてはこちら

iPhoneの速度制限に関する記事を書きましたが、

さっそく動きがあったようです。

iPhoneバッテリー交換の値下げ決定!

気になる時期やそのほかの対応内容について紹介していきます。

スポンサーリンク

アップル社がiPhoneのバッテリー交換費用値下げ

速度制限の騒動からまもなくアップル社が動き出しました。

バッテリー交換の費用を期間限定で値下げすることになりました。

なんでバッテリー交換の費用が下がるの?

という方はこちらを読んでください。

速度制限の対応機種や実態についてはこちら

速度制限の根本解決や修正には至らないものの、

それのきっかけとなるバッテリー劣化と

そのユーザー負担を軽減させようという

割と素敵な対応だと思います!!

速度制限を感じてない方でも

「最近電池の持ちが悪くなったなあ」と感じている方も

これを機にバッテリー交換しちゃうのが得策だと思います!

今使っているiPhoneを少しでも長く使うために、

普段からそういうケアは大事ですよね。

バッテリー交換の期間や費用は?

一番大事なところですよね。

詳しく見ていきましょう。

まずバッテリー交換の通常時は

日本円だと約8,800円かかります。

結構ダメージを受ける金額ではありますよね。

今回、アップル社の発表によると、

50ドルの値下げをするそうです。

日本円では3200円になるようです。

少し痛手な額ではありますが、

今あるiPhoneを少しでも長く使えるように、と思うと

払っても良い金額なのかなと思います。

壊れたり、早めに寿命が来て

修理に出したり新機種に買い替える事を考えたら

高く無い出費になると思います。

さて、気になる対象期間ですが、

50ドルの値下げは期間限定です。

値下げ対象期間は

【2018年1月から2018年12月】です。

そして対応機種については

【iPhone6シリーズ以降】となります。

しつこいですが、速度制限を感じてない人でも

遅かれ早かれ、この期間内で忘れずにバッテリー交換しましょう!!

アップル社の謝罪と今後の改善

今回の発表でアップル社は今回の騒動について改めて謝罪がありました。

ただ、謝罪した訳ではなく、

今回の値下げ決定や改善内容についても明らかにしたので

とても真摯な対応であるのかなと思います。

さて、改善内容についてですが、どのようなものだったのでしょうか。

「2018年早期のiOSアップデートでバッテリー劣化状況の表示を追加」

一瞬、何を言われているか分かりにくいですね。

つまりは、

・バッテリーがどれぐらい劣化しているか分かるようになる

・それが速度制限に影響を与えているか分かるようにする

ということです。

これはありがたいですね。

バッテリーの劣化はもちろんのこと、

肝心の速度制限に関しても影響状況が分かるのは嬉しいです。

根本的な速度制限は事情が事情なだけに回避はまだ難しいようですが、

使う側にも状況がわかるようになる改善は安心要素でもあります。

「電源管理について改善をすすめる」

なんとなくふわっとはしていますが、

今回の発端となった「再起動頻発を防ぐための速度制限」これの

具体的な改善を図っていこうと言うものです。

確かにOSが再起動されるのが一番イライラもしますが、

それを防ぐために速度制限をされている、

というのも理には適っていますが少し納得しにくい部分でもあります。

その点を具体的に改善を進めるという事なので、

どれぐらい時間がかかってどこまで改善がされるかは

正直分かりませんが、少しでも改善されることを願っています。

→続報です!具体的なアップデート内容がわかりました

iPhone速度制限の解除方法

最後に、

今回の謝罪のスピード対応や改善内容の具体性は良かったと思います。

やろうと思っても中々できるものじゃないですもんね。

特に、謝罪だけならまだしも

それに合わせて改善案や値下げまで揃えてきたのですから、

流石のアップル社とも思えました。

今後もiPhoneとアップル社から目が離せませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする