井の頭公園夜桜2018ライトアップ期間はいつまで?おすすめ時間帯

スポンサーリンク

こんにちは。

2018年2月も半分近く過ぎました。

まだまだ寒いですが、そろそろ気になるのは春の情報。

春といえば、桜、お花見。夜桜。日本の桜は本当に綺麗ですね。

お花見と言えば井の頭公園。

気になるのはライトアップ時間ライトアップ期間はいつまでおすすめ時間帯

その最新情報をお伝えします。

スポンサーリンク

井の頭公園夜桜2018ライトアップ期間はいつまで?

まずは井の頭公園の情報です。

井の頭公園情報2018。おすすめ時間帯は

場所 東京都武蔵野市御殿山1-18-31
開園 常時開園
桜の見頃 3月下旬~4月上旬
本数 約500本

(うち池周辺は約250本、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラ)

ライトアップ 18:00~22:00(開花にあわせて)
交通案内 JR中央線「吉祥寺」下車 徒歩5分
京王井の頭線「井の頭公園」下車 徒歩1分
駐車場(有料)
入園料 無料(1部有料施設あり)

https://sp.jorudan.co.jp/hanami/spot_148.html

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index044.html

ライトアップ時間は決まっているものの、

ライトアップ期間はいつまでか決まっていないようです。

ちなみにライトアップではなく、歩道の点灯の明かりだそう。

せっかくなので、ここではあえてライトアップ期間といいましょう。

いつまでかは、桜の開花時期に合わせて期間は調節されるようですね。

3月下旬~4月上旬が見ごろの予想であるため、

3月下旬~4月上旬が期間の可能性が高いです。

気温を考えれば、夜桜を楽しむ方は4月がおすすめでしょうか。

おすすめ時間帯は?

気になるおすすめ時間帯ですが

平日、休日、場所取りが必要か、夜桜で変わってくるようです。

東京都内でも有名な井の頭公園。桜の時期にはとても混雑します。

口コミでは

駅に着いた瞬間から混雑が始まる

公園に着くころにはぐったり

との内容も。

場所取りが必要な方は、

休日、平日関係なくはやめに行くのがベストなようです。

ただ、近隣には住宅もありますので、

場所取りだからといってあまりにもはやすぎる時間に行くのはおすすめしません。

そして井の頭公園といえば、ボートでの観光です。

実はボートに種類があることをご存知でしょうか?

運行時間帯は時期によって違うので、ボートに乗りたい方は要チェックです。

もちろん、このあと紹介しますね。

井の頭公園の定番ボートの運行時間帯と注意事項

井の頭公園にはボートが3種類あります。

ローボート(大人3人まで)60分700円

サイクルボート(大人2人小人1人まで)30分600円

スワンボート(大人2人小人2人まで)30分700円

※以降時間毎に追加料金あり

3月の営業時間 9:30~17:20

4~7月の営業時間 10:00~17:50

ボートで夜桜と考えている方、残念ですが、ボートで夜桜は難しいようです。

そして井の頭公園公式ホームページでは、次の内容が記載されていました。

ボート場休業のお知らせ

いつも井の頭恩賜公園ボート場をご利用いただき、まことにありがとうございます。

井の頭池における「かいぼり29」工事の実施に伴いまして、平成29年12月27日(水)~平成30年3月下旬頃までの期間、ボート場を休業させていただきます。ご来場の皆さまにおかれましては、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申しあげます。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/facilities044.html

なんと、井の頭公園の定番ボートが3月上旬まで休業するようです。

桜の開花時期と被るかは現段階では分かりませんが、もしかしたら被る可能性もあります。

ボートに乗ることを考えている方は、井の頭公園に行く前に情報をチェックですね。

まとめ

いかがでしょうか。

2018年はボート休業など例年と違った注意が必要なようです。

夜桜も日中の桜もとっても素敵なお花見。

期間はいつまでか、おすすめ時間帯、ライトアップ期間、

しっかり情報をチェックして楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする