スポンサーリンク

しめパフェ(夜パフェ)って何?おすすめで人気の美味しいお店は?

台湾スイーツがブームです。

特にタピオカは大流行し、色んなところに新しいお店ができています。

 

そんなスイーツブームですが、今、しめパフェ(夜パフェ)というものが話題になっていることを知っていますか?

 

しめパフェ(夜パフェ)、何か気になります。

 

今回は

しめパフェ(夜パフェ)って何?おすすめで人気の美味しいお店は?

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

しめパフェ(夜パフェ)とは?

まずはしめパフェ(夜パフェ)とは何か、みてみましょう。

 

しめパフェ(夜パフェ)とは、食事のしめに食べるパフェのこと。

夜の飲み会のあと、一人飯のあと、残業のあとなど、

一通り食事を楽しんだあとに食べたり、夜にごほうびとして食べることです。

 

そんなしめパフェが味わえる専門店が全国に増えつつあります。

 

夜にパフェ、考えただけで贅沢で幸せな気分ですね。

 

 

 

 

おすすめの人気で美味しいお店は?

次に、おすすめの人気で美味しいお店おをみてみましょう。

 

 

Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)

JR山手線、渋谷駅南口から徒歩4分。

道玄坂にあるParfaiteria beL(パフェテリア ベル)は、

2017年10月に北海道から東京へ初上陸した夜パフェ専門店です。

 

 

パフェのイメージといえば、

生クリームやコーンフレークたっぷりの重めのパフェ。

 

それとは違い、旬の生のフルーツ、同じく旬のフルーツをふんだんに使ったソルベ、

甘さ控えめでもしっかりと濃厚なジェラートを使用した、軽やかな味わい。

夜だからこそ、「しめパフェ」の代名詞と呼ぶにふさわしい逸品ばかりです。

 

 

http://risotteria-gaku.net/parfait

 

 

ギャラン

大人の時間を堪能する。

 

だからこそ、昭和のレトロな雰囲気のお店はいかがでしょうか。

 

東京上野のあるギャランは、レトロな雰囲気で懐かしさと共に落ち着いた時間を提供してくれます。

 

 

パフェの王道というべき、バナナや生クリーム、チョコレートソース。

飾らない昔ながらのパフェが、懐かしさと安心をもたらします。

 

 

お値段もお手頃、そして便利な上野駅ということで、

ぜひ夜パフェを楽しんでください。

 

 

 

CAFÈ ANNON(カフェアンノン)

大阪の街を堪能した後に、

しめパフェをCAFÈ ANNON(カフェアンノン)でどうでしょうか。

 

 

 

こちらの特徴は、夜18時以降、アルコールを使ったパフェが堪能できること。

 

もちろん普通のパフェもありますが、

夜ということでせひ大人のパフェを堪能してください。

日本酒や梅酒、ブランデーなどを使用したパフェは、

新たなお酒の楽しみ方を教えてくれます。

 

普通のパフェよりも少しお値段が高めですが、

頑張った自分へのご褒美として、大人だけが体験できるスイーツを楽しむという、とってもリッチで満たされるパフェです。

 

https://cafe-annon.com/

 

 

SOHOLM CAFE+DINING UMEDA(スーホルムカフェ アンド ダイニング ウメダ)

大阪駅のそばで仕事をした帰りには、グランフロントにある

 

SOHOLM CAFE+DINING UMEDA(スーホルムカフェ アンド ダイニング ウメダ)

でお疲れ様のパフェはいかがでしょうか。

 

 

インテリアショップ・アクタスが手掛けるカフェだけに、

エントランスからもオシャレ感が伝わってきます。

 

これからの季節、おすすめなのがテラス席。

水と緑を見ながら、大都会大阪とは思えない、リラックスした時間を過ごせます。

 

 

自家製パフェが味わえるのは、夜の17時から。

おしゃれで落ち着いた店内やテラス席で過ごしながら食べるしめパフェは、

優雅で最高の時間を提供してくれます。

 

https://www.soholmcafe.com/

 

 

まとめ

しめパフェ(夜パフェ)って何?おすすめで人気の美味しいお店は?

をテーマにお送りしました。

 

人気で美味しいものが何か分かると、試してみたいのが人間というもの。

 

夜のスイーツ、罪悪感がありつつも満たされるものですね。

食べすぎには気を付けながら、美味しい夜パフェ(しめパフェ)を堪能しましょう。

タイトルとURLをコピーしました