代々木公園2018イルミネーション開催時期いつ?駐車場ある?

スポンサーリンク

2018年、もう11月。

日に日に太陽の時間が短くなり、秋から冬への移り変わりが感じられます。

寒くなって次のイベントは、いろんなイルミネーション。

今回は、

代々木公園2018イルミネーション開催時期いつ?駐車場ある?

をお送りします。

スポンサーリンク

代々木公園情報

基本情報

所在地 渋谷区代々木神園町、神南二丁目
開園時間 常時開園

※サービスセンター及び各施設は年末年始は休業

※営業時間等はサービスセンターへお問い合わせ下さい。

入場料 無料(一部有料施設あり)
アクセス JR「原宿」下車 

東京メトロ千代田線「代々木公園」(C02)下車 

東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)」下車 

小田急線「代々木八幡」下車 

問合先 TEL 03-3469-6081

代々木公園サービスセンター

〒151-0052

渋谷区代々木神園町2-1

駐車場はあるの?

さて、代々木公園に駐車場はあるのでしょうか。

代々木公園に駐車場はあります。

有料かつ台数が少ないため、チェックしましょう。

※駐車料金が免除になる場合があるそう。

身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障碍者保健福祉手帳をお持ちの方です。

詳しくは公式サイトを確認してください。

TEL 03-3485-4090
住所 〒151-0052

渋谷区代々木神園町2-1

営業時間 24時間営業
料金 一万円札、五千円札、二千円札使用不可

〇普通車

1時間まで400円。以後30分毎に200円

〇バス

1時間まで1,000円。以後30分毎に500円

※事前に駐車場まで連絡を

駐車台数 駐車台数 65台(うち身障者用4台)

臨時駐車場有

※2輪車の利用不可

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access039.html

代々木公園おすすめスポット

展望デッキ

森林公園という自然的性格の中に、人工的なペデストリアンデッキを通って利用者が公園に入る形式で、眺望に最適の場所です。

日本初の試みでその後各地に建設されています。

ケヤキ並木

武蔵野の風景を彷彿とさせるケヤキの並木道です。

このあと紹介する青の洞窟開催時期にはぜひ訪れてください。

三本きのこの休憩舎・六角の休憩舎

六角休憩舎、三本きのこ休憩舎があります。

広場での幼児や学童の方々の団体利用での拠点として利用するのに便利です。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/view039.html

イルミネーションはいつあるの?

さて、肝心のイルミネーションはいつあるのでしょうか?

代々木公園には青の洞窟というイルミネーションがあります。

開催時期など情報をみてみましょう。

青の洞窟について

2014年に中目黒で人気を博したNakameguro 青の洞窟。

​​今年も昨年に引き続き渋谷でスケールアップして​​開催が決定しています。

いつ開催かなどの情報をみてみましょう。

名称 青の洞窟 SHIBUYA
開催時期 〇代々木公園内

2018年11月30日(金)~2018年12月31日(月)

〇渋谷公園通り

2018年11月30日(金)~2019年1月16日(水)

点灯時間 17:00~22:00
場所 渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約800メートル

※点灯時間は日によって変更となる場合あり

※最終日2018年12月31日(月)は、翌朝(5:00頃)までの点灯を予定

アクセス ・JR「渋谷駅」「原宿駅」

・東京メトロ「明治神宮前駅」「代々木公園駅」「代々木八幡駅」

https://event-checker.blog.so-net.ne.jp/aonodokutsu-shibuya

代々木公園ケヤキ並木から渋谷公園通りまでの全長約800mをライトアップ

青一色の光で表現された壮麗な「青の洞窟」が渋谷の冬を彩ります。

波打つ演出やランダムに光る演出など数種類のイルミネーションも登場予定です。

まとめ

イルミネーションの開催時期は短いもの。

いつ開催かなど情報収集し、最高のイルミネーションを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする