国営昭和記念公園2018イルミネーション開催時期いつ?駐車場ある?

スポンサーリンク

2018年、もう11月。

日に日に太陽の時間が短くなり、秋から冬への移り変わりが感じられます。

寒くなって次のイベントは、いろんなところで開催されるイルミネーション。

今回は、

国営昭和記念公園2018イルミネーション開催時期いつ?駐車場ある?

をお送りします。

スポンサーリンク

国営昭和記念公園情報2018

基本情報

 

所在地

〒190-0014

東京都立川市緑町3173

休園日

・年末年始(12/31・1/1)

・2月の第4月曜日とその翌日

※昭和天皇記念館の休館日は、公園休園日と月曜日及び特別展示・企画展示開催前後の整理期間。

※月曜日が休日の場合は、直後の平日。詳細は昭和天皇記念館まで問合せ。

入園料

区分 大人(15歳以上) 小人(小・中学生) シルバー(65歳以上)
一般 450円 0円 210円
団体 290円 0円 210円
年間パスポート 4,500円 0円 2,100円

※団体は小学生以上の方20人以上

※障害者手帳、療育手帳、または精神障害者福祉手帳の交付を受けている方は、手帳提示により本人及びその付添人1名について入園料および駐車料が免除

※シルバー料金については、年齢の証明となるもの(運転免許証・健康保険証など)を必ず掲示

※年間パスポートは発行日から1年間有効

昭和天皇記念館とのセット券

区分 大人 大学生・高校生 中学生・小学生 シルバー
一般 760円 630円 520円
団体 550円 440円 520円

※昭和天皇記念館の入館は閉館の30分前まで

2日間通し券

連続した2日間お楽しみいただける「2日間通し券」が新しく追加。

公園は大きいので、イルミネーションの時期は2日に分けても楽しむことができます。

区分 大人(15歳以上) シルバー(65歳以上)
通常(2日間) 900円 420円
2日間通し券 500円 250円

※購入したた場所の国営公園に限り、連続した2日間利用可能

※土日祝日との組み合わせも可能。

※翌日が休園日、無料入園日等の場合には販売しないことがあります

アクセス

あけぼの口

JR中央線・立川駅より約10分

多摩都市モノレール・立川北駅より約8分

昭島口

JR青梅線・東中神駅より約10分

立川口

JR中央線・立川駅より約15分

多摩都市モノレール・立川北駅より約13分

玉川上水口

西武拝島線・武蔵砂川駅より(残堀川緑道経由)約25分

西立川口

JR青梅線・西立川駅より約2分

砂川口

西武拝島線・武蔵砂川駅より約20分

自動車の場合

中央自動車道国立府中ICより8km。

中央自動車道国立府中IC下車。国道20号線を立川方面へ。日野橋交差点を右折。

駐車場はあるの?

国営昭和記念公園に駐車場はあるのでしょうか。

立川口、西立川口、砂川口の3ヶ所に駐車場があります。

営業時間は公園の開園時間と同じです。

※観光バス等で西立川口を利用する場合は、西立川口駐車場で乗降し、バスは立川口駐車場及び砂川口駐車場へ回送するとのことでした。

料金をみてみましょう。

車種 料金 備考
一般 年間パスポート提示
大型車 1,750円 車体総重量8トン以上、最大積載量5トン以上、又は乗車定員が30人以上の自動車
普通車 820円 720円 上記以外の自動車
原付

自動二輪車

260円 210円 自動二輪車及び原付自転車

※障害者手帳及び療育手帳、精神障害者福祉手帳の交付を受けている心身障害者の方もしくは同乗者の方の手帳提示により駐車料が無料です。

続いて収容台数です。

駐車場 大型車 普通車 原付・自動二輪車
立川口 83台 1,755台 70台
西立川口 なし 345台 40台
砂川口 10台 431台 18台

国営昭和記念公園は駐車場収容台数がとっても多いのが魅力です。

しかし、公園が広いことや都内の人気イルミネーションスポットであることから、観光客は多い予想。

駐車場が多いから、いつも空いている、と安心するよりも、はやめはやめに動くのがいいのかもしれません。

http://www.showakinen-koen.jp/facility/facility_parking/

イルミネーションはいつあるの?

さて、肝心のイルミネーションはいつあるのでしょうか?

Winter Vista Illumination 2018

時期:2018年12月8日~12月25日

17:00~21:00

(入園は~20:50※16:00以降は立川口ゲートからのみ入園可能)

※時期は予定です

国営昭和記念公園では、

Winter Vista Illumination 2018というイルミネーションが開催される予定です。

東京のオアシス・国営昭和記念公園で

夜間特別開園をして行うイルミネーション。

立川口ゲート周辺からふれあい広場までが、やさしい光に包まれます。

イルミネーションのテーマは毎年変わり、それぞれ違った表情を演出。

カナールを中心に、約1万5000個のグラスを使ったシャンパングラスタワーや公園のシンボル的存在の大噴水のライトアップ、木々と水面が輝くイルミネーションで、幻想的な世界が楽しめます。

https://sp.jorudan.co.jp/illumi/spot_47979.html

そして、昨年はイルミネーションと共に花火もあったそうです。

2018年の情報はありませんが、あるといいですね。

まとめ

イルミネーションの開催時期は短いもの。

いつ開催かなど情報収集し、最高のイルミネーションを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする