ハロウィン弁当2018!人気のおかずレシピや作り方は? 

スポンサーリンク

2018年のハロウィンは平日。

日中や夜もお仕事や学校の方が多いのでは。

そんな人も、ハロウィンの気分を味わいたいですよね。

そんな方にぴったりのテーマ、ハロウィン弁当2018!人気のおかずレシピや作り方は?をお届けします。

スポンサーリンク

☆こちらのレシピもおすすめ☆

ハロウィン気持ち悪いレシピ2018!リアル怖いグロいインスタ映えも

ハロウィン2018!お菓子のプレゼントで手作り簡単レシピ

ハロウィン気持ち悪いレシピ2018!リアル怖いグロいインスタ映えも

ハロウィン2018!かぼちゃまるごと料理レシピ

ハロウィン2018市販のお菓子おすすめやアレンジ

ハロウィン2018東京でインスタ映えするカフェやメニュー

ハロウィン盛り付け簡単人気レシピや料理2018

ハロウィン2018!簡単手作り人気お菓子レシピ

ハロウィン弁当2018!人気のおかず特集

*キャラ弁*ジャック&オバケちゃん

https://cookpad.com/recipe/1602840

ハロウィンっぽくしたいけど時間がかかる料理は面倒

そんな人には、このレシピがおすすめです。

ハロウィンの飾りで人気のカボチャとオバケが簡単に作ることができれば、

それだけでハロウィンです。作り方も簡単。

材料も簡単に揃えることができるものばかりで、忙しい毎日の負担になりません。

ハロウィン*うずらでおばけちゃん

とにかく下準備が面倒だけど、ハロウィン弁当が食べたい!

という方にピッタリのこのレシピ。

作り方も簡単。うずら卵とハム、海苔さえあればできてしまいます。

うずら卵は鶏卵にすればお弁当の一角を迫力たくさんに埋めてくれますし、海苔が無ければゴマで代用可能です。

ゴマは白ごましかない…という方、白ごまで白目にしても面白いかもしれません。

秋☆幼稚園の遠足&ハロウィンのお弁当♪

https://cookpad.com/recipe/2861373

ごはんの上に何か飾り付けをしたい

そんな方にピッタリのレシピはこちらです。

海苔の黒いバックにチーズの色が映えますね。

型を利用すれば簡単に作れますし、型が無くてもオバケは丸く切れば大丈夫。

おかずはいつもの内容、ごはんだけ凝ったとしても、こんなに可愛いなら嬉しいですし、とっても簡単な作り方なのに、時間をかけて作ったように見えます。

幼稚園の人気者になれますね。

キャラ弁☆彡簡単ハロウィンのお弁当

https://cookpad.com/recipe/2390181

簡単に色々な飾りを作りたい

そんな方にピッタリのレシピはこちら。

いつも通りのお弁当を作ったら、くりぬいたニンジンなどをのせるだけ。

いつも通りの冷凍食品や余り物のおかずを詰めても、この飾りさえ乗せれば一気にハロウィン気分になります。

作り方も簡単。簡単かつ気分があがる料理は最高ですね。

そもそもハロウィンとは?

ハロウィンの由来は?

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったのですが、

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、

子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

参考:wikipediaより

なんでカボチャなの?

ヨーロッパのケルト民族の収穫祭が起源とされており、ケルト人はこの収穫祭に「かぶ」を使っていました。

それが、後にヨーロッパからアメリカに移民した人たちによって、収穫量の多いカボチャで作られるようになりました。

当時、アメリカではかぶはまだ珍しい野菜で、10月に沢山穫れるカボチャで代用したそう。

今もケルトの文化が息づいているアイルランドやスコットランドでは、

ハロウィンに使っているのはかぶを使っているとの話もあります。

参考サイト:https://neirof.com/1502.html

ジャック・オー・ランタンはかぼちゃでなくとも、紙などで簡単に作れます。

2018年、パーティーをする方やこどもと楽しむ方などは、みんなで作ったり飾っても楽しいかもしれませんね。もちろん、インスタ映えも抜群ですよ。

まとめ

2018年のハロウィンは平日だからこそ、いつもより楽をしたい。

そんな楽をした弁当でも、人気キャラクターやモチーフのおかずがあれば気分があがります。

ぜひお弁当でもハロウィンを感じてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする