ハロウィン2018市販のお菓子おすすめやアレンジは?インスタ映えも

スポンサーリンク

2018年のハロウィンはもうすぐ。

ハロウィンは手作りのお菓子や食事でもてなし…と考えていても、

実際ちょっと面倒だったりしますよね。

そこで今回は、

ハロウィン2018市販のお菓子おすすめやアレンジは?インスタ映えも

をお送りします。

スポンサーリンク

☆こちらのレシピもおすすめ☆

ハロウィン弁当2018!人気のおかずレシピや作り方は?

ハロウィン2018東京でインスタ映えするカフェやメニューは?

ハロウィン盛り付け簡単人気レシピや料理2018!

ハロウィン2018!かぼちゃまるごと料理レシピは?

ハロウィン気持ち悪いレシピ2018!リアル怖いグロいインスタ映えも

ハロウィン2018クッキー簡単レシピ人気はこれ!

ハロウィン2018!簡単手作り人気お菓子レシピ!

ハロウィン弁当2018!怖い気持ち悪いインパクト大のレシピは?

ハロウィン2018!お菓子のプレゼントで手作り簡単レシピは?

2018年市販のハロウィンお菓子おすすめは?

DEAN & DELUCA

カフェやトートバックでお馴染み、知らない人はいないであろうDEAN & DELUCAからは、ハロウィンオーナメントが登場。

見た目がとってもキュートなこのオーナメントはプレゼントにも最適です。

お値段は1000円以下と良心的で、全種類そろえてもカワイイですね。

インスタ映えも抜群。

http://store.deandeluca.co.jp/

ピエール・マルコリーニ キャラメル マロン ケーキ

キャラものやハロウィンモチーフじゃなくて、落ち着いたお菓子がいい。

そんな方におすすめなのが、チョコレートでお馴染みのピエール・マルコリーニから季節限定の、マルコリーニ キャラメル マロン ケーキ。

店舗で人気のキャラメルケーキに、しっとりしたマロンを練りこみ焼き上げました。ほろ苦さを感じるキャラメル生地とシロップに漬けたイタリア産マロンを贅沢に味わえるケーキです。(サイトより)

落ち着いた大人のハロウィンを楽しみたい方にピッタリです。

https://store.c-c-c.co.jp/DefaultBrandTop.aspx?bid=pierre

タリーズコーヒー

2018年10月31日は水曜日。平日、遅くまで仕事の方も多いのでは?

そんな方には、サッと食べれて気を使わないものがおすすめ。

休憩時間やちょっとしたときに、サッとねぎらいのお菓子を出せる人って素敵ですよね。そんなお菓子にピッタリなのは、このクッキー。

タリーズコーヒー ジャック・オー・ランタンのアーモンドプラリネです。

気軽に入れるカフェのお菓子だからこそ、もらった側も気を遣わくてよし。

値段も200円以下ととっても良心的。それなのに、ちゃんとハロウィン感を出しているなんて、とっても素敵ですね。

上司に、同僚に、後輩に。いつもお疲れ様の気持ちを込めて、ぜひ。

https://www.tullys.co.jp/

2018年市販のお菓子アレンジおすすめは?

さくさくパンダでおやつパーティー♪

https://cookpad.com/recipe/2818355

市販のサクサクパンダをアレンジしたこのお菓子、こどもにとっても人気です。

見た目もかわいいかつ簡単に作ることができるなんて素敵ですね。

市販のお菓子を使うことのメリット

それは難しい工程がなくみんなが作れるレシピなこと。

みんなで楽しくアレンジしてデコレーションしても楽しめますよ。

インスタ映えも抜群です。

ハロウィンの飾り☆ゴースト

https://cookpad.com/recipe/2856404

レシピ名は飾りとなっていますが、このお菓子をいっぱい並べるととってもカワイイハロウィンお菓子の完成です。

市販のオレオとたけのこの里、マシュマロを使った簡単レシピ。

ですが、美味しい市販のお菓子のため味に失敗がありません。

いろんなアレンジで、いろんな表情のゴーストを作ってみても楽しいですね。

インスタ映えも抜群です。

そもそもハロウィンとは?

ハロウィンの由来は?

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、

古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったのですが、

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

参考:wikipediaより

なんでカボチャなの?

ヨーロッパのケルト民族の収穫祭が起源とされており、ケルト人はこの収穫祭に「かぶ」を使っていました。

それが、後にヨーロッパからアメリカに移民した人たちによって、収穫量の多いカボチャで作られるようになりました。

当時、アメリカではかぶはまだ珍しい野菜で、10月に沢山穫れるカボチャで代用したそう。

今もケルトの文化が息づいているアイルランドやスコットランドでは、ハロウィンに使っているのはかぶを使っているとの話もあります。

参考サイト:https://neirof.com/1502.html

ジャック・オー・ランタンはかぼちゃでなくとも、紙などで簡単に作れます。

2018年、パーティーをする方やこどもと楽しむ方などは、みんなで作ったり飾っても楽しいかもしれませんね。もちろん、インスタ映えも抜群ですよ。

まとめ

楽しいハロウィン、楽したいけど楽しみたい。

そんな方には市販のお菓子を活用するのがベスト。

ぜひ自分にピッタリの市販のお菓子やアレンジをみつけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする