ハロウィン盛り付け簡単人気レシピや料理2018!インスタ映え抜群

スポンサーリンク

2018年、秋の涼しさをよやく感じる今日この頃。

平成最後の夏が終わり、次のイベントはハロウィンです。

ハロウィンの過ごし方は決めていますか?

今回は、家でハロウィンを過ごす方のためのに、

ハロウィン盛り付け簡単人気レシピや料理2018!インスタ映え抜群

というテーマでお届けします。

スポンサーリンク

☆こちらのレシピもおすすめ☆

ハロウィン弁当2018!人気のおかずレシピや作り方は?

ハロウィン2018東京でインスタ映えするカフェやメニューは?

ハロウィン気持ち悪いレシピ2018!リアル怖いグロいインスタ映えも

ハロウィン2018!かぼちゃまるごと料理レシピは?

ハロウィン2018市販のお菓子おすすめやアレンジは?

ハロウィン2018クッキー簡単レシピ人気はこれ!

ハロウィン2018!簡単手作り人気お菓子レシピ!

ハロウィン弁当2018!怖い気持ち悪いインパクト大のレシピは?

ハロウィン2018!お菓子のプレゼントで手作り簡単レシピは?

ハロウィン盛り付け簡単人気レシピ料理2018

サーモンで簡単ハロウィンパンプキン寿司♪

https://cookpad.com/recipe/2879024

ハロウィンらしさは欲しいけど凝った料理や下ごしらえに盛り付けは面倒…

そんな全国のお母さんの声が聞こえてきそうなハロウィンの日。

こんなかわいくておいしい簡単レシピはいかがでしょうか。

お子様がいる家庭なら、寿司用サーモンと海苔さえ準備すれば、ごはんは酢飯を準備しなくても大丈夫。

酢飯を準備するとしても、簡単に作れますし、今は合わせるだけの酢飯のもとも売っています。

みんなが大好きなサーモンの簡単料理レシピで、楽をしつつ美味しく楽しく過ごしましょう。インスタ映えも抜群です。

ハロウィン♪サーモン手まり寿司

https://cookpad.com/recipe/4047559

ハロウィンらしさは欲しいけど凝った料理や下ごしらえに盛り付けは面倒…

そんなときのメニュー、お寿司パート2。

模様を変えるだけでこんなにもアレンジが広がります。

海苔やキュウリはどの家庭でも常備されていることが多いもの。

もし買うとしても、価格も安くどもにでも売っているので、材料に困ることはありません。インスタ映えも抜群ですよ。

ハロウィン☆ぎゅうぎゅう焼き

https://cookpad.com/recipe/4144404

ハロウィンメニューにしたいけど、栄養も気になるしカロリーも気になる

そんな方はこのメニューはいかがでしょうか。

様々な野菜が入っている分準備するものは多くなりますが、工程は切って入れて焼くだけ。色彩豊かで見た目からおいしさが伝わります。

こんなにカラフルで素敵なのに、簡単レシピだなんて素敵ですね。盛り付けも簡単、もちろんインスタ映えも抜群です。

デザートやおやつにおすすめの人気レシピ

とら柄のパンプキンロールケーキ

https://cookpad.com/recipe/1206367

料理の最後やおやつも抜かりなし。

このインパクト大のロールケーキはどうでしょうか?

模様がある分少し工程は多くなりますが、難しいものではありません。

みんなで模様を描いて楽しむのもいいですね。

カボチャケーキやクッキーに偏りがちなハロウィンのお菓子だからこそ、このようなインパクトある料理で差をつけてみるのもおすすめです。

話題性やインスタ映えも抜群ですよ。

ハロウィンに♪サクサク!かぼちゃクッキー

https://cookpad.com/recipe/1987070

ハロウィンといえば、おばけにジャックオランタン。

そんなハロウィンのモチーフをお菓子で表現してみては?

こちらの見た目がとってもかわいいクッキーは、なんとつくれぽ(クックパッドで、作った方のレポートのこと)が600件を超えるという、超人気レシピ。

味も保証付きで、みんなに愛されあるレシピです。

型抜きと顔を描くのをみんなでやっても楽しいですね。

老若男女問わず楽しむことができるレシピです。インスタ映えも抜群。

そもそもハロウィンとは?

ハロウィンの由来は?

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、

古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったのですが、

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

参考:wikipediaより

なんでカボチャなの?

ヨーロッパのケルト民族の収穫祭が起源とされており、ケルト人はこの収穫祭に「かぶ」を使っていました。

それが、後にヨーロッパからアメリカに移民した人たちによって、収穫量の多いカボチャで作られるようになりました。

当時、アメリカではかぶはまだ珍しい野菜で、10月に沢山穫れるカボチャで代用したそう。

今もケルトの文化が息づいているアイルランドやスコットランドでは、ハロウィンに使っているのはかぶを使っているとの話もあります。

参考サイト:https://neirof.com/1502.html

ジャック・オー・ランタンはかぼちゃでなくとも、紙などで簡単に作れます。

2018年、パーティーをする方やこどもと楽しむ方などは、みんなで作ったり飾っても楽しいかもしれませんね。もちろん、インスタ映えも抜群ですよ。

まとめ

みんなが大好きで人気のイベント、ハロウィン。

2018年は手作りで過ごしてみてはいかがでしょうか。

とはいっても、仕事にプライベートに忙しいからこそ、簡単で美味しくおしゃれに過ごしたいですね。

2018年のハロウィンはこのレシピを参考に楽しく簡単に美味しく過ごしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする