ハロウィン2018東京でインスタ映えするカフェやメニューは?

スポンサーリンク

2018年、次に待つ一大イベント。それは10月31日のハロウィン。

お店には9月の前半からハロウィン関係の商品が並びはじめ、

一足早いハロウィン気分を味わうことができます。

そんなハロウィンですが、せっかくならインスタ映えする場所で過ごしたいですよね。

今回はハロウィン2018東京でインスタ映えするカフェやメニューは?

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

☆こちらのレシピもおすすめ☆

ハロウィン弁当2018!人気のおかずレシピや作り方は?

ハロウィン気持ち悪いレシピ2018!リアル怖いグロいインスタ映えも

ハロウィン盛り付け簡単人気レシピや料理2018!

ハロウィン2018!かぼちゃまるごと料理レシピは?

ハロウィン2018市販のお菓子おすすめやアレンジは?

ハロウィン2018クッキー簡単レシピ人気はこれ!

ハロウィン2018!簡単手作り人気お菓子レシピ!

ハロウィン弁当2018!怖い気持ち悪いインパクト大のレシピは?

ハロウィン2018!お菓子のプレゼントで手作り簡単レシピは?

東京でインスタ映えするカフェやメニュー特集

ヴァンパイア カフェ (VAMPIRE CAFE)

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13011570/

東京第一弾はこのカフェ。

銀座駅から徒歩5分という好立地な場所にある、ヴァンパイアカフェ。

名前も見た目の中身もハロウィンにピッタリです。

2018年のハロウィンはここでどうでしょうか。

内装は赤と黒という、なんともお洒落かつダークな印象。

しかし暗すぎることのない店内なため、写真の写りが悪い!なんて心配はいりません。お店もメニューもインスタ映え抜群です。

#インスタ映えするお店はココ#ヴァンパイアの館をモチーフとしたコンセプトレストラン。夏休み限定学割プランもあり!!見た目は勿論の事、味も細部にまでこだわったカジュアルイタリアン。また、イベントも随時実施しており、記念日にはコースご利用でアニバーサリープレートプレゼント!!(サイトより)

友人に、デートに、どんなシーンにもピッタリです。

予約ができるので、ハロウィン当日の予約を押さえておくのがベスト。

KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU (カワイイ モンスター カフェ ハラジュク)

見てるだけでお腹がいっぱいになりそうな、この鮮やかさ。

カフェというよりエンターテイメントと言うべきでしょうか。

日本の【カワイイ】文化を発信する原宿にあるこのカフェは、もちろんハロウィンもこだわっています。

ハロウィン期間中の土日ランチタイムには、お店専属のショーガール、「モンスターガール」が出演する「HALLOWEEN SHOW」が開催されます。一度観ると忘れられない、ド派手で可愛いショーを観ながらハロウィンスイーツを堪能できます。(サイトより)https://icotto.jp/presses/11805

ショーを見ながらのハロウィンもとっても楽しそうですね。

魔法の国のアリス

日常を抜け出して思いっきり違う世界を楽しみたい!

そう思った方はぜひこのカフェでハロウィンのひと時を過ごすのはいかがでしょうか?

アリスが迷い込んだ魔法の国がモチーフになったカフェ。

一足入れば、そこは異世界。メニューもインテリアもとっても素敵です。

アリスが迷いこんだ魔法の国にようこそ! 一歩足を踏み入れるとそこは奇妙な住民たちが棲むファンタジックな異空間。 まるで魔法にかけられたような夢のような時間を過ごしてみてはいかが?お誕生日・記念日にはコースのご予約で「特製デザートプレート」をサービス♪お好きなメッセージやお名前を入れて魔法の国の住人がお持ちします★ コースページをCheck!♪(サイトより)

友達と過ごすのもよし、彼氏彼女と過ごすのもよし。

素敵な時間を過ごすせること間違いなし。インスタ映えも抜群です。

そもそもハロウィンとは?

ハロウィンの由来は?

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、

古代ケルト人が起源と考えられている祭のことです。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったのですが、

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあります。

参考:wikipediaより

なんでカボチャなの?

ヨーロッパのケルト民族の収穫祭が起源とされており、ケルト人はこの収穫祭に「かぶ」を使っていました。

それが、後にヨーロッパからアメリカに移民した人たちによって、収穫量の多いカボチャで作られるようになりました。

当時、アメリカではかぶはまだ珍しい野菜で、10月に沢山穫れるカボチャで代用したそう。

今もケルトの文化が息づいているアイルランドやスコットランドでは、ハロウィンに使っているのはかぶを使っているとの話もあります。

参考サイト:https://neirof.com/1502.html

ジャック・オー・ランタンはかぼちゃでなくとも、紙などで簡単に作れます。

2018年、パーティーをする方やこどもと楽しむ方などは、みんなで作ったり飾っても楽しいかもしれませんね。もちろん、インスタ映えも抜群ですよ。

まとめ

東京の街は楽しいお店やメニューがたくさん。

2018の東京で過ごすハロウィンを素敵な時間にしましょう。

☆随時更新☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする