父の日人気プレゼント2018。インスタ映えするおすすめは?

スポンサーリンク

2018年の父の日はもうすぐです。

父の日はお父さんに感謝をする日。ありがとうは恥ずかしくて言えない人も、この1日は思い切って感謝を形にするといいですね。

そんな2018年父の日、準備はできていますか?

お父さんの好みが分からない…だからプレゼントを何にしていいのか分からない…そんな人も実はいるのでは?

そこで今回は、父の日に人気のプレゼント2018年度版をお伝えします。

インスタ映え抜群で、おすすめですよ。

スポンサーリンク

2018年人気のプレゼント

DEAN&DERUCA

最初に紹介するおすすめは、

DEAN&DERUCAといえは、カフェやバックが人気ですが、実は父の日のプレゼントにもピッタリなんですよ。

それは、ファザーズバッグ。

健康志向でお弁当を手作りする方が増えています。

お父さん世代ももちろん。通勤ラッシュでは、お弁当を持参するスーツ姿の男性をよく見かけます。だからこそ、この機会にお洒落なランチバックとお弁当のセットをプレゼントしてみてはどうでしょうか。

もちろん、インスタ映えも抜群です。

https://www.deandeluca.co.jp

とらや

人気の和菓子やさんといえば、とらや。羊羹のセットがおすすめです。

男性は甘いものが好きな人と苦手な人が分かれますよね。

そんな中でも、和菓子は比較的好きな方が多いようです。

洋菓子は好きだけどちょっと重い…という人にも、羊羹はさっぱりと食べることができます。まさに、年齢を問わずプレゼントにピッタリ。

羊羹の包み紙はもちろん、半透明でシンプルな羊羹はインスタ映えも抜群ですよ。

https://www.toraya-group.co.jp

paul smith

最後のおすすめは、アーティストストライプIN 名刺入れ

名刺入れはお洒落かつ派手すぎないもので、印象抜群。

シンプルな革とお洒落なストライプで、カジュアル過ぎずビジネスにも持ってこいのデザインです。

年齢と共にダークなカラーを選びがちですが、濃い色とカラーが組み合わさったこのデザインは、派出すぎずかつカラフルで若さを印象付けます。

インスタ映えも抜群ですよ。

https://www.paulsmith.co.jp/shop/

今年の父の日はいつ?

2018年父の日はいつでしょう。

6月17日 日曜日 です。

父の日は毎年6月の第3日曜日です。そのため、毎年ちょっとずつ日が違います。

父の日の由来は?発祥はどこ?

父の日の由来と発祥はどこでしょうか。

wikipediaによると、発祥はアメリカ、由来は以下の通りです。

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドが、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われているそうです。

彼女が幼い頃南北戦争が勃発。

父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになりますが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなってしまします。

以来男手1つで育てられましたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなってしまいます。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われました。

当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まったそうです。

1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになります。

1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めました。

1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日に制定されます。

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。それは、ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされています。

1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられています。

まとめ

お父さんに面と向かってありがとうと言うのは恥ずかしいですね。

だからこそ、父の日にしっかりと形に現すといいのかもしれません。

何をプレゼントしたらいいのか分からないときも、人気かつおすすめのプレゼントをみれば大丈夫。何かと話題に遅れがちなお父さんですが、インスタ映えも抜群なら話題性も抜群。

恥ずかしいけど勇気をだして、2018年最高の父の日にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする