隅田川花火大会延期!雨と台風で2018年中止可能性?トイレの場所?

スポンサーリンク

夏の風物詩といえば、花火。

夜空に浮かぶ花火は幻想的で、思わず見とれてしまうものばかり。

そんな花火大会で有名なものといえば、隅田川花火大会。

東京スカイツリーと花火の共演は、まさに芸術です。

そんな隅田川花火大会ですが、台風と雨の場合はどうなるのでしょうか?

延期は決定しましたが、中止の可能性は?続行の可能性は?延期の場合日程は?

そして気になるトイレの場所。

気になる情報2018年をお届けします。

スポンサーリンク

隅田川花火大会2018

2018年の概要

日程 2018年7月28日 19:00~20:30

(中止時:2018年7月29日 両日実施できない場合は中止)

2018年は台風のため、7月29日(日)に延期決定。

開催かどうかは7月28日(土)18時に公式Twitterで発表

打ち上げ数 第一会場:9,370発(コンクール玉200発を含む)

第二会場:10,650発

合計:20,020発

最寄駅 第一会場:浅草駅・押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅

第二会場:浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅

打ち上げ場所 第一会場:桜橋下流〜言問橋上流

(株)ホソヤエンタープライズ

第二会場:駒形橋下流〜厩橋上流

(株)丸玉屋小勝煙火店

https://www.sumidagawa-hanabi.com

隅田川花火大会の歴史

隅田川花火大会は、関東随一の伝統を格式を誇る花火大会です。

起源は1733(享保18)年の「両国の川開き」に由来するという。歴史の流れの中で何度かの中断を経て、1978(昭和53)年に隅田川花火大会として復活した。

桜橋下流から言問橋上流の第一会場では、数々のコンクールで優秀な成績を収めた花火業者が一堂に会して競う花火コンクールが開催される。腕自慢の花火師たちの競演が見もので、各社が披露する新作花火も必見。大玉こそないものの、美しいスターマインの完成度には定評があるところだ。

https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0313e00858/?guid=on

コンクールとは、両国花火ゆかりの業者と国内の代表的な花火大会で優秀な成績をおさめた業者を加えた、計10社による花火コンクールのことです。

2018年は200発、第一会場で19:40~20:04に打ちあがるとのことです。

トイレの場所は?

2018年の墨田川花火大会のトイレ設置状況です。

既設トイレ約40カ所、車椅子トイレ約20カ所、そして仮設トイレが約30カ所設置されます。

詳細は公式サイト(下記リンク)を参考にしてください。

https://www.sumidagawa-hanabi.com/assets/pdf/2018-toile-map.pdf

台風直撃の可能性?!

夏と言えば台風。ここ数日気になるニュースがとんでいます。

それは、台風12号(ジョンダリ)が接近しているということ。

26日(木)から27日(金)にかけては北東に進んで、小笠原諸島に近づきそうです。27日(金)には中心付近の最大風速が35m/sと強い台風まで発達し、暴風域を伴うようになると予想されます。

28日(土)になると北から北西へと進路を変え、本州に近づいてきます。予報円の中心を通った場合は28日(土)夕方から夜にかけて暴風域を伴ったまま関東や東海に上陸する恐れがあります。

台風の進路の北東側に当たるエリアは東よりの風が吹き込むことによって、山沿いを中心に大雨の恐れがあります。また、台風の中心付近では平均で25~30m/sの暴風の恐れがあり、厳重な警戒が必要です。

https://weathernews.jp/s/topics/201807/250165/?fm=onebox


この予報ですが、今回の台風では進路やタイミングの予想に幅があるそうです。

延期は決まっていますが、中止かどうかはギリギリになってみないと分からない…という可能性もあるかもしれません。

雨天の場合、いつ中止が決まるの?延期の可能性は?

公式サイトでは、雨天等実施の可否が確定できない天候の場合は当日の午前10時、荒天等の場合は、当日の午前8時に、それぞれの実施の可否を決定するとのことでした。

しかし、これは前日からずっと雨が降っていた場合に延期の決定ということです。

実際、2017年は予定通りの日程で開催予定、17時ごろまで晴れ、その後まさかの大雨。

すでに花火大会を見る方でいっぱいの会場付近や、交通整備が行われた道路、つまり予定通り実施で準備が進んでいました。大雨で素人がみても開催できないような気候でしたが、開始時刻直前になって少し雨が落ち着き、なんと開催となったのです。

誰もが延期の可能性を考えた中での実施。

当日晴れでいきなり大雨となっても、しばらく待機して待ってみてもいいのかもしれません。

有料チケットの払い戻しはある?

隅田川花火大会では有料席チケットの販売はありません。

しかし、例年市民協賛という形式で特設観覧席入場券を配布しているため、実質的にはそれが有料席チケットとして認知されています。2018年の特設観覧場所は以下の3箇所です。

  1. 墨田区側両国親水テラス(蔵前橋~JR総武線鉄橋間)
  2. 台東リバーサイドスポーツセンター野球場
  3. 台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

隅田川花火大会ではあくまで「市民協賛(寄付)してくれた方へのお礼として特設観覧席入場券を配布する」という形式をとっています。そのため、隅田川花火大会2018が荒天で中止になったとしても、有料席チケット(特設観覧席入場券)の料金は払い戻されません

実際に隅田川花火大会2013(第36回隅田川花火大会)は天候が原因で完全に中止になりましたが、協賛金の返還はされていません。

まとめ

隅田川花火大会は何度見ても素晴らしく、そして一度は見てみたいもの。

だからこそ、延期の可能性や日程の確認は大切です。

トイレの場所も確認し、準備万端で当日を迎えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする