スポンサーリンク

引っ越し大名星野源はどんな役?あらすじやキャスト・ネタバレも

星野源といえば、歌やその面白さで人気沸騰中。

そんな星野源主演の映画【引っ越し大名】が公開されます。

あらすじやキャスト、ついでにネタバレも気になります。

 

今回は、

引っ越し大名星野源はどんな役?あらすじやキャスト・ネタバレも

をテーマにお送りします。

スポンサーリンク

引っ越し大名とは

まずは、引っ越し大名についてです。

少しネタバレがあります。

 

引っ越し大名とは、

土橋章宏の小説【引っ越し大名三千里】が原作の映画です。

 

あらすじについてまずはみてみましょう。

 

 

あらすじ

まずはあらすじです。(少しネタバレがあります)

 

時は江戸時代。

徳川家が治める天下で、家康の血を引く松平直矩(なおのり)という男がいました。

彼はそんな由緒ある血族であるにも関わらず、

生涯に7回もの国替えを命じられてしまいます。

 

一人暮らしの引っ越しですら大変なのに、

家臣や財産、家族と一緒に国を引っ越すなんて、ちょっと考えただけでも大ごとです。

 

そんな彼のもとで引っ越し奉行をしていた家臣が亡くなった後、

その役目を任されたのは「引きこもり侍」と揶揄される片桐春之介

 

「人無し・金無し・経験なし」の「3無し」状態で国替えを任された彼は、

果たして三千里もの引っ越しを成功させることができるのでしょうか。

 

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/7216

 

 

 

 

作者や監督について

続いて、作者や監督についてです。

作者の土橋章宏さんは大阪府豊中市出身で、1969年生まれです。

 

もともとエンジニアでしたが、退職してweb制作会社を設立。

その傍らでシナリオや小説を書き始めました。

 

有名な作品は「超高速!参勤交代」シリーズです。

人気を博して翌年には映画化、さらに2016年に再び『超高速!参勤交代リターンズ』として再び映画化されています。

 

 

監督は、犬童一心さん。

『ジョゼと虎と魚たち』や『メゾン・ド・ヒミコ』、『のぼうの城』があります。

『のぼうの城』では、豊臣秀吉にたった500人の軍勢で立ち向かった

一国一城の主を描き、圧倒的なスケールで新しい時代劇を作り上げました。

 

 

キャストは誰?

次に、キャストをみてみましょう。

 

映画化にあたって主人公・片桐春之介を演じるのは、星野源。

協力していく幼馴染の武芸の達人・鷹村源右衛門を演じるのは、高橋一生。

引っ越し奉行の娘・於蘭には高畑充希。

 

ストーリーもさながらキャストも豪華。

これはとっても楽しみですね。

 

 

 

 

星野源がどんな役か掘ってみる

次に、星野源がどんな役か掘ってみましょう。

 

 

今回、星野源は、

いわゆる「ひきこもり侍」で人と接するのが苦手だった春之介が、

引っ越し奉行として成長していく様を演じます。

 

時代劇では珍しい、気弱な主人公というのも気になりますね。

 

 

星野源は時代劇初挑戦。

 

オファーをいただいた時、時代劇の主演だというので

どんなシリアスな役柄だろうと身構えたのですが、

その役が「引きこもり侍」だと聞き、

楽しい作品になりそうだと非常にワクワクしました。

 

というコメントを残しています。

 

 

侍といえば、強いイメージ。

それを覆す今回の『ひきこもり侍』。

 

侍のイメージが無い星野源が演じるからこそ、

新しい侍像ができるのではないでしょうか。

 

そんな引っ越し大名の公開日は、2019年8月30日。

たのしみですね。

 

 

 

 

まとめ

引っ越し大名星野源はどんな役?あらすじやキャスト・ネタバレも

をテーマにお送りしました。

 

どんな役か分かれば、更に内容が気になります。

夏休み最後に公開、これは夏休み最後の思い出になること間違いなし。

ぜひ、思い出作りに映画をみましょう。

タイトルとURLをコピーしました