スポンサーリンク

トムとジェリーの配役はだれ?音楽劇により名作アニメが実写化!

「トムとジェリー」と言えば日本でもかなり馴染みのある漫画で、

ほとんどの人が一度ぐらいは見たことがあるものでは無いでしょうか?

 

そんなトムとジェリーが音楽劇により実写化されることとなりました!

という訳で今回は、

トムとジェリーの配役はだれ?音楽劇により名作アニメが実写化!

というテーマでお送りさせていただきます。

スポンサーリンク

トムとジェリーとは?

もはや説明も不明かもしれませんが、一応説明させていただきます。

あまり気にした事も無いのかもしれませんが、

「トムとジェリー」とは、1940年から創作された

短編アニメーションという位置づけになります。

ほぼセリフが無かったり(一部セリフが多い物もあります)

基本は動きとリアクションだけで

主にトム(猫)がジェリー(ネズミ)を捕まえるために

あの手この手を尽くすのですが、最終的にジェリーの方が一枚上手で

トムが痛い目に遭って終わる。

というのが基本的なストーリーです。

あくまで基本的な話はこのようになっておりますが、

時には協力したり、ストーリー仕立てのものあったりと、

一言に「トムとジェリー」と言っても色々な形があるので、

全てがこのドタバタ劇という訳でもありません。

 

どちらにせよ、この「トムとジェリー」は長年愛されている名作アニメであることは変わりありません。

 

ちなみに、このトムとジェリー以外にも登場キャラクターが沢山いるらしいのですが、よほどのファンでない限りは名前が分からないもののほうが多いのではないでしょうか?

今回は音楽劇ということもあり配役も沢山いるので、チェックする箇所が多くなりそうです!

 

ちなみにちなみに、日本では1964年に地上波で初登場したらしく、

それ以降何度となく再放送もされ、ビデオやDVDのリリースも続いています!

 

音楽劇の配役は?

さて、そんな名作アニメ「トムとジェリー」が

この度、音楽劇として実写化されることが決まりました!

 

そんな気になるトムとジェリーの配役はどうなっているのでしょうか?

早速、紹介していきたいと思います。

 

まずはトム役!

ココリコの遠藤さんとバッファロー吾郎の竹若さんのダブルキャストです!

遠藤さんといえば「バスジャック」という映画で

なかなかな演技をやってしまった方なのですが

今回は大丈夫なのでしょうか?

 

しかも音楽劇という事なので歌もあるのでしょう。

いやいや、どんな完成作品になるか色々と楽しみです。

 

そしてそして今回はダブルキャストやトリプルキャストも何役かあり、面白そうな事になっています。

トム役のもう一人はバッファロー吾郎の竹若さん。

こちらもどのような演技になるのか楽しみすぎます!!

 

続いてジェリー役はトリプルキャストでお届けします!

松本幸大(宇宙Six / ジャニーズJr.) 

山本亮太(宇宙Six / ジャニーズJr.)

松崎祐介(ふぉ~ゆ~)

 

これも中々想像できない展開になりそうですよね!

楽しみすぎます!

 

その他の出演者は以下のようになっています。

トゥードルス:山下リオ
タフィー:中島早貴
スパイク:佐藤正宏
タイク:稲葉光(MADE / ジャニーズJr.) / 秋山大河(MADE / ジャニーズJr.) / 寺西拓人(ジャニーズJr.)
ブッチ:おばたのお兄さん / もう中学生
マッスル:渡辺大輝(ジャニーズJr.)
ジミー:岸本慎太郎(ジャニーズJr.)
神様(ゴッド):榛葉昌寛
天国の裁判官(ジャッジ):村田孝高 / パク・ドンイル
キューピッド:安藤ゆかり/ 薮田瑞穂
天使ガブリエル:湖月わたる / 緒月遠麻

 

全体的に芸人さんとジャニーズで構成されているので

なかなか異色な音楽劇になりそうですよね!

あとはブッチという役がダブルキャストでおばたのお兄さんともう中学生。

ここもかなり濃そうな展開に見えます・・・!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

トムとジェリーの配役はだれ?音楽劇により名作アニメが実写化!

というテーマでお送りさせていただきました。

 

トムとジェリーが実写化してしかも音楽劇ということで

少し想像がしにくいですが面白い作品になることは間違いないでしょう!

気になる方は是非足を運んでみてください!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました