青木美沙子って誰?何歳?看護師で病院はどこ?カワイイ大使とは?

スポンサーリンク

世間にはさまざまな職種があります。

年は働き方が変わってきており、職業を2つもつ方もたくさん。

そんな中で気になる人を見つけました。

その名は「カワイイ大使」の「青木美沙子」さん。この方は誰なのでしょうか?

そして何歳なのでしょうか。そもそもカワイイ大使とは何でしょうか?

今回はそんな気になる誰?何歳?青木美沙子さんについて紹介します。

スポンサーリンク

青木美沙子さんとは誰?現役〇〇だった。

青木美沙子さんとは誰でしょうか。

学生の頃、雑誌『KERA』で読者モデルとしてデビューし、瞬く間にロリータファッション好きの間でカリスマ的存在に。2009年には外務省から“カワイイ大使”に任命され、日本のロリータ文化を世界にも発信。その一方で、看護師としての経験も着々と積み重ね、異なる二つの職業を両立し、エネルギッシュに働いています。

ロリータファッション代表として文化外交にて25カ国45都市を歴訪し、ロリータファッション第一人者として活動中。 2013年2月に日本ロリータ協会を設立し、初代日本ロリータ協会会長を務める。

なんと、現役看護師かつロリータファッション第一人者だそうです。

看護師という激務の中でロリータ協会の会長を務める、とてもハードな生活をしています。

#ロリータファッション #m❤︎ruban #ピアス

Misako Aokiさん(@misakoaoki)がシェアした投稿 –

ロリータを着ることで、人前で緊張しない”青木美沙子”になれる、という感じなんです。着るとスイッチが入る、戦闘服のようなものですね。だから、いずれモデル業を引退することになったとしても、モデルじゃない形でロリータ事業を展開するなど、何かしらでずっと関わっていたいと思います。

(看護師を辞めない理由は)

いくつか理由があって、ひとつは、看護師としての腕を落としたくないからです。完全に辞めて、注射が下手になっちゃうとかが怖くて。10年後か20年後か、いずれは看護師メインの働き方に変える必要があると思っているんです。

モデル業というのは、どうしても需要がないとできません。ロリータ服自体は何歳になっても着続けると宣言していますし、そのつもりなのですが、趣味で着ることはできても、お仕事としてモデルメインでずっとやっていくのはたぶん現実的に難しいんですよね。

そう語る青木美沙子さんは、

看護師としてもロリータとしてもプロ意識の高い方だということがうかがえます。


そんな青木美沙子さんは看護師15年目の大ベテラン。

常に勉強に励む努力家です。

20歳で看護師になり15年目ということは、何歳か計算すると35歳。

とても35歳には見えません。

そんな青木美沙子さんの勤務先の病院がどこか気になりますが、どこか公開はされていません。

本人のインスタグラムのコメント欄にどこの病院か訪ねるようなコメントもあるのですが、とくに返信はされていない様子。

病院というある意味特殊な場所ゆえに、患者さんや青木美沙子さんのプライバシーの関係もあるため、どこの病院か公開していないのかもしれません。

とはいえ病院がどこか知りたい気持ちもありますね。病院が公開され次第、更新します。

 カワイイ大使とは?

カワイイ大使とは何でしょうか。

実は、外務省が定めた文化の発信使なのです。

誰でもなれるのではなく、外務省が定めた人に限ります。

外務省は、日本に対するより一層の理解や信頼を図る上で、従来から取り上げている伝統文化・芸術に加え、近年世界的に若者の間で人気の高い日本のポップカルチャーをさらに積極的に活用することを考えています。

ついては、この分野で顕著な活動を行っている若手リーダーに「ポップカルチャー発信使」の名称を付与して、広報関連業務等を委嘱するとともに、可能な範囲で、在外公館及び国際交流基金が実施する文化事業への協力を求めることとします。(別添資料参照)

今回はポップカルチャーの中で、特にファッション分野に関し、2月26日(木曜日)午後に、広報文化交流部長から以下の3名にポップカルチャー発信使(通称「カワイイ大使」)の委嘱状を交付する予定です。

  • 青木 美沙子氏(あおき みさこ):ロリータファッション界のカリスマ
  • 木村 優氏(きむら ゆう):、原宿系ファッション
  • 藤岡 静香氏(ふじおか しずか):ブランド制服ショップ「CONOMi」のアドバイザー

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/2/1188512_1092.html

このように外務省のホームページにしっかりと掲載されています。

平成21年のページのため過去形となっていますが、ちゃんと大使に任命されています。

まとめ

何歳になっても輝く青木美沙子さん。

自分で生き方を選択するのはカッコいいですね。

これからもそんな青木美沙子さんを応援しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする