ゲゲゲのエンディング曲はだれ?鏡の中からを歌う可愛い5人組!

スポンサーリンク

2018年4月より放送がスタートしました

新生「ゲゲゲの鬼太郎」

1968年にモノクロで初登場し、

なんと6回目のアニメ放送。

おじいちゃんからお父さんまで皆が知っている国民的アニメです。

そんな第6期「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディング曲を歌う可愛い声の

持ち主はだれなのか?!

早速紹介してきます。

スポンサーリンク

ゲゲゲの鬼太郎のエンディング曲を歌っているのはだれ!?

前回の鬼太郎から姿フォルムが刷新されて

昔のもちゃっとしたフォルムが今では懐かしいです!

そんな新生「ゲゲゲの鬼太郎」エンディング曲を歌っているのは?

まねきケチャです

え?だれ!?

と、初めて聞いた方も多いのではないでしょうか?

今、超売り出し中の大注目ユニットなんです!

2018年は全国ツアーに初の武道館ライブと

すでに知名度があがり調子の彼女達!!

まねきケチャとはどんな人たちなのでしょうか!?

まねきケチャとは?

まねきケチャについての詳しいプロフィールは

こちらの記事も御覧ください。

あわせて一番人気についての考察もどうぞ。

「イメージカラー」というのは

よくありますが、メンバーそれぞれが

「属性」と「まねき獣」という

他では見たことがない項目を持っています。

(個人的にはかなり好きです!!)

だれがだれか見分けがつかない頃は

属性やまねき獣で覚えると覚えやすいかもしれません!

というかメンバーが全員かわいいんです!

それもまた魅力のひとつですよね!

ちなみに2017年の年末まではメンバーは4人だったそうですが、

2017年の年末にメンバーが一人加入して

今の5人体制になったそうです。

今後もメンバーの増減などはあるかもしれませんが、

そのたびに話題になったりニュースになるように

なるかもしれませんね!

そしてそして!

そろそろエンディング曲自体についても

紹介していきたいと思います!

エンディング曲情報!

「ゲゲゲの鬼太郎」

エンディング曲「鏡の中から」

歌:まねきケチャ

です!

ゲゲゲの鬼太郎の世界感たっぷりの

タイトルの曲に仕上がっていて

番組のエンディングを飾るのに抜群な曲となりました!

今後、ゲゲゲの鬼太郎の映画にも同様の曲が採用されたり、

まねきケチャのメンバーが本編にも登場したり!

なーんて話も想像できますし、色々な可能性が期待できますよね!

それにしてもドラゴンボール超の時のONE PIXCELといい、

今回のまねきケチャといい、少し無名ぐらいのアーティストを

ピックアップするのが定番になりつつありますね、日曜9時のアニメ枠。

個人的には今後のこの枠の主題歌もしっかりチェックしていきたいなと思っています。

そもそもゲゲゲの鬼太郎とは?

今さらこの紹介は必要ないかもしれませんので、

ご存知の方は読み飛ばしてください。

簡単に紹介させてもらうと

原作が水木しげる先生の「墓場の鬼太郎」というものが原案になります。

正式タイトルは「墓場の鬼太郎」なのですが、

テレビ放送に合わせてタイトルが修正されたようです。

こちらも知名度の問題はありますが、

「忍たま乱太郎」も元は「落第忍者乱太郎」というので、

そんな感じでは無いでしょうか。

今回で6回目のアニメ化で、

猫娘は2回目のアニメ化のタイミングで追加されたようです。

最初からいたキャラでは無かったんですね!びっくりです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゲゲゲのエンディング曲はだれ?

という事で内容を紹介させていただきました。

2018年は本当に話題を沢山さらっていくことになるでしょう!

まねきケチャ!武道館が決まっていただけでも十分な話題性だったのですが、

あのドラゴンボール超の後番組として登場するゲゲゲの鬼太郎の

エンディング曲なんですから、話題性がさらに爆発します!

今後も彼女達の活躍から目が離せません!!

まねきケチャの記事は他にもあるので合わせて

こちらの記事も御覧ください。

一番人気についての考察はこちら

松下玲緒菜さんの大学や高校についての情報はこちら

藤川千愛さんの活動休止に関する情報はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする