スポンサーリンク

和楽器バンドの楽器の値段はどれぐらい?名前や種類は?

今、話題の和楽器バンド!

CMやテレビでも見る機会が増えてきて

ここから一気にブレイクしていくんじゃないかと大注目のバンドです。

なかなか見る機会の無い珍しい楽器を

演奏する様は見るのも聴くのもすごい魅力的なバントですよね!

 

ところで和楽器バンドが使っているあの和楽器の数々、

名前や種類、値段とか気になりませんか?

 

早速紹介してきます!!

スポンサーリンク

和楽器バンドの楽器の値段はどれぐらい?

名前:いぶくろ聖志(いぶくろ きよし)

楽器:筝(そう)

一般的に「筝(こと)」とも呼ばれます。

 

時代は便利になったもので

Amazonさんではソフトケースまでセットになってお値段は5万円を切っています。

 

インターネット上での和楽器専門店では

お稽古用のもので10万円弱、最高級の物では100万円を超えるものもあります。

 

名前:神永大輔(かみなが だいすけ)

楽器:尺八

和楽器のなかでは有名な種類にになると思います。尺八。

耳にする機会も多いですよね。尺八。

 

有名なためか種類や数も豊富です。

Amazonさんで値段をチェックしてみると1万円ちょっとで購入できるものも結構あります。

 

インターネット上の和楽器専門店では、

2万円から8万円ほどで大きさも手軽なためか

思ってた以上にはリーズナブルな価格帯でした。

 

日本楽器をこれから始めたい人には

金額的には優しい楽器なのかもしれません。

 

名前:蜷川べに(にながわ べに)

楽器:津軽三味線

こちらも和楽器のなかではかなり有名なものになると思います!

少し前に津軽三味線の兄弟ユニットとかも話題になりましたもんね!

 

やっぱりAmazonさんから値段をチェックしてみますが

さすがの津軽三味線なので種類も豊富です!

それでも5万円近くはするものばかりなので、結構値段はする感じです。

 

インターネット上の和楽器専門店では、

5万円から100万円を超えるものまでありました。

 

名前:黒流(くろな)

楽器:和太鼓

和太鼓と太鼓って何が違うの?

と思われるかもしれませんが、

和太鼓というには日本製の太鼓の総称、になります。

 

まずはAmazonさんで値段をチェックしてみます。

完全におもちゃ的なものだと3千円くらいでも買えますが、

簡易な小さめのものだと1万円前後、

本格的な大きいものも3万円台や5万円台の価格帯で販売されています。

 

大きさや種類によって値段は大きく異なりますが、

小さいものだと5万円台のものから

大きいものだと200万円を超えるものもあります。

 

 

他の方は和楽器ではないので今回は割愛させていただきます!

 

和楽器以外のメンバーは?

和楽器バンドをよく知らない方は意外かもしれませんが、

和楽器を使っているのは上記で紹介したメンバーだけなんです。

 

「和楽器バンド」なんですが、

普通のギター・ベース・ドラム

そしてボーカルがそろって「和楽器バンド」なんですね。

 

知れば知るほど奥が深いバンドだと思っていただけると思います。

 

そもそも和楽器バンドとは?

最後に持ってきましたが、ここに触れておきます。

元々は全員がソロで活動している

和楽器や音楽界でのエキスパートの集まりなのです。

 

ボカロ曲で有名な「千本桜」をカバーしたことで

動画再生サイトで爆発的な再生数を獲得し、一躍有名になったのが始まりでした。

 

その後、メンバーの加入や脱退をしながらも

ボカロ曲だけで構成されたアルバムでメジャーデビューを果たしました。

 

オリジナル曲のリリースはそれ以降となりますが、

見た目や演出そのものが新鮮で斬新なこともあったためか

人気がどんどん出てきます。

 

CM曲としての起用や、オリンピック中継曲としての使用されることもあり、

メディアへの露出も順調に増えてきています。

 

まさに伸び盛りと言わんばかりの和楽器バンド。

今後も彼らの活躍と成長から目が離せません。


タイトルとURLをコピーしました